ニュース

イーサリアム、発生した損害に対しハードフォークを投票にて決定

約一か月前に発生したTHE DAOのハッキングであるが、トークンホルダーの投票によりハードフォークを行うことを決定した。

 

 

順風満帆にサービスを拡大してきたTHE DAOに暗雲が立ち込めたのは6月のことだった。

 

不可解な取引により仮想通貨のETH(イーサ)が大量に移動されていたことが発覚したのだ。

 

後の発表では、ソフトウェアのバグをついて、60億円以上(事件前の価値にして)ものイーサが持ち出されてしまったとのことだった。

 

そして、その損害に対して、ソフトウェアの全面的な作り変え(ハードフォーク)を行うか、既存のソフトウェアの更新によって対応する(ソフトフォーク)か意見が分かれていた。

 

投票では97パーセントもの支持率を得て、ハードフォークが行われることが決定した。

 

ソフトウェアを全面的に変更することで持ち出されたイーサに対しての互換性を失わせることができる。

 

イーサリアム・ファンデーションはCNNの取材に対し「ハードフォークへの移行がうまくいけば、イーサリアムは有事の際の安全装置を備えているということを示すことができるだろう」と述べている。

 

「資金盗難に関するスマートコントラクトを用いたロック期間があったことでスマートコントラクトの安全性を図らずも証明する結果となった、もうひとつ、ビットコインとの違いは、イーサリアムがただの仮想通貨としてでなくプラットフォームとして機能している点である。十分な合意形成がなされれば、システムを改変することもできるということである。」

 

最近、仮想通貨プラットフォームや取引所に関するハッキングが相次いでいる。

 

人的災害に対して、セーフガードを備えなければ、仮想通貨の世界を生き残ることはできないのかもしれない。

関連記事

  1. ゴールドマン「仮想通貨、途上国なら発展」

  2. 沖縄のメガソーラーの権利をBTPトークンとして売買

  3. 【各国取り組み活発】ベラルーシ、デジタル経済促進

  4. 暗号通貨決済に必要なのは技術か信頼か

  5. コインベースは機関投資家向けの新しいストレージサービス

  6. 金融業とビットコイン

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの

ニュース

ジョン・マカフィー氏、2日間意識不明

ニュース

仙台でNEMのミートアップ

ニュース

幻冬舎、暗号通貨関連のWebサイト開設

ニュース

マウントゴックス、民事再生決定

ニュース

登録済み取引所への行政処分

ニュース

DMM.BitcoinでBTC・ETHの出金手数料無料