ニュース

昨日(11/16)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • BCH分裂、BCHABCとBCHSVが誕生
  • Binance,BCHのフォークコイン付与と取引の取り扱いを発表
  • GooglePlayストアで4種の偽暗号通貨ウォレット
  • クレジット不正利用防止にDLTを活用する実証実験、開始

更新記事

2019年、太陽光発電の固定買い取り制度の期限を迎える家庭は、約53万件も存在するとされている。買い取り期間を終えた家庭は、自身で発電した電力の買い取り相手を探さなければならない。そうした状況から今電力会社は、電力取引を利便性高く行えるよう取引所サービスの開発・検討に注力している。

 

クレジットカードが普及し、利用が増えていることもあり、クレジットカードの不正利用被害も毎年増加傾向にある。2016年では不正利用額は142億円、2017年では236.4億円となっており、カード業界において不正利用防止対策を行うのは急務となっている。そんな状況から分散型台帳技術(DLT)を用いた不正対策の実証実験が行われる。

 

国内大手暗号通貨交換業者であり、11月22日にはフィスコへZaif事業譲渡が予定しているテックビューロ社に対して、全国の顧客18人が取引の取り消しなどを求めるADRの申し立てを行った。11月15日NHKが報じた。

 

 

関連記事

  1. BCH,11月15日にアップグレード予定[内容と国内取引所対応]

  2. 千葉県警が暗号通貨などに関する研修

  3. インド取引所、規制に対抗してP2P取引サービス

  4. 新認証システム

  5. マイニング事業のために電気窃盗[マイニング]

  6. 昨日(01/01)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]

ニュース

シンクロライフ、暗号通貨でeギフト購入可能に

ニュース

IOSCO、暗号資産に関する報告書発表[証券市場との共通論点]

ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]