ニュース

昨日(11/16)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • BCH分裂、BCHABCとBCHSVが誕生
  • Binance,BCHのフォークコイン付与と取引の取り扱いを発表
  • GooglePlayストアで4種の偽暗号通貨ウォレット
  • クレジット不正利用防止にDLTを活用する実証実験、開始

更新記事

2019年、太陽光発電の固定買い取り制度の期限を迎える家庭は、約53万件も存在するとされている。買い取り期間を終えた家庭は、自身で発電した電力の買い取り相手を探さなければならない。そうした状況から今電力会社は、電力取引を利便性高く行えるよう取引所サービスの開発・検討に注力している。

 

クレジットカードが普及し、利用が増えていることもあり、クレジットカードの不正利用被害も毎年増加傾向にある。2016年では不正利用額は142億円、2017年では236.4億円となっており、カード業界において不正利用防止対策を行うのは急務となっている。そんな状況から分散型台帳技術(DLT)を用いた不正対策の実証実験が行われる。

 

国内大手暗号通貨交換業者であり、11月22日にはフィスコへZaif事業譲渡が予定しているテックビューロ社に対して、全国の顧客18人が取引の取り消しなどを求めるADRの申し立てを行った。11月15日NHKが報じた。

 

 

関連記事

  1. SBI 送金用スマホアプリ開発

  2. ナミビア共和国ではビットコインが違法

  3. 北朝鮮、インターネットを武器に[暗号通貨詐欺に関与]

  4. マイニングでの誤認逮捕に備えよう

  5. NY証券取引所親会社がBTC市場に参入

  6. 韓国とオーストラリア間で約400億円超えの不正送金

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化