ニュース

Ginco、ハードウォレット開発へ[利便性と安全性の両立]

記事のポイント

  • GincoICカード型ウォレット開発へ
  • 安全性と利便性の両立
  • 活発になるICカード型ウォレットの開発

暗号通貨の利用・普及に必要とされる安全性と利便性を兼ねそろえたウォレットが2019年上半期にGincoによって販売される予定だ。ICカード型ウォレットの開発は国内でも盛んになってきていることから、今後競争が激化すると予想される。 

 

Ginco,ICカード型ウォレット開発

暗号通貨ウォレットサービス等を提供する株式会社Gincoと、ブロックチェーン企業のLongHashがパートナーシップを締結し、共同でICカード型ウォレット、Kincoの開発を行ったことを発表した。

Gincoのウォレットサービスでは暗号通貨の所有者である証拠となる秘密鍵をウォレット企業が保管するのではなく、利用者が管理する次世代の暗号通貨ウォレットとなっている。また日本発のサービスであるため、使用言語は日本語であり利用しやすく、最近では暗号通貨の両替機能を提供するChangelly社とパートナーシップを締結し、取引所を利用せずにウォレット内で安全に暗号通貨の交換を行うことが可能になるなど利便性の高いウォレットサービスを提供している。

 

ICカード型ウォレット、Kinco

今回GincoLongHash社と共同開発したKincoはハードウェアウォレットの堅牢性とモバイルウォレットの利便性を両立させたものとなっており、オフラインで安全に管理しながら非接触で暗号通貨の利用ができるようになっている。特徴としては以下のものが挙げられる。

  • オフラインでの暗号通貨管理
  • 暗号通貨取引もオンラインで可能
  • 指紋による生体認証
  • 非接触型
  • Gincoアプリとの自動連携

オフラインでの資産管理・取引ができることでセキュリティ性を高めながらも、Gincoアプリと連携することでウォレット内の資産を常にチャックすることが可能というのは非常に便利だ。また送金や決済と資産を動かしたいときにもGincoUI/UXをそのまま利用できる。ま暗号通貨を決済として利用するに最適な機能をもつものとなっている。同ウォレットであれば同ウォレットの販売は2019年上半期を予定しており、価格は現段階では未定とのことだ。Gincoアプリとの連携を前提にしたサービスであることから、今はまだ配信されていないAndroid版も2019年上半期には配信が開始されるのではないだろうか。

 

開発も盛んに

暗号通貨取引所ではなく、最近では暗号通貨を安全に利用し管理するに必要なウォレット開発が盛んに行われている。国内でもSONYなどが非接触ICカード型コールドウォレットの開発を進めており、競争は激化するのではないかとみられる。

安全で利便性の高いウォレットが誕生することでサイバー攻撃やセルフゴックスというリスクが抑えられるというのは、暗号通貨の普及に必要なことだろう。

 

参考:Ginco

関連記事

  1. 昨日(10/12)のニュースまとめ

  2. ビットコインゴールド付与後の対応

  3. GS支援の米サークル、仮想通貨取引事業の拡大のため100人新規採用

  4. 昨日(8/4)のニュースまとめ

  5. 「サムライクリプト」でクリエイター募集

  6. 昨日(10/23)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す