ニュース

昨日(11/10)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 仮想通貨交換業者等に関する3省庁局長級連絡会議開催
  • 韓国のICO、出口詐欺で130ETH被害
  • Weiss Ratings格付け、評価基準を公表
  • 三菱東京UFJ、Ripple技術活用に関する覚書締結
  • 金融機関LGBTに対応し、金融商品要件の緩和
  • ベネズエラ、ペトロを原油取引の単位にする提案計画

更新記事

様々な国の取引所へ上場することで着実にブリッジ通貨として活躍する準備を整えているXRPへの期待が高まっている。現時点でXRPの取引が可能な取引所は確認できるだけでも112ヵ所も存在している。ドバイのサミットでRipple社が約200社と契約を締結していると明かしたことも含めて、今後の動きに目が離せない。

 

サイバー攻撃の現在の主流は、被害者に気づかれにくく効率的に稼げるマルウェアや詐欺メールとなっている。その中でマイニングマルウェアは最適のものであり、2018年第一四半期のMcAfee報告書によると、仮想通貨マイニングマルウェアの増加率は脅威的な629%増を記録している。

 

暗号通貨企業のLuno社が11か国を対象にした調査の結果を公表した。この調査は11か国からそれぞれ1,000人、計11,000人に回答を求めたものであり、今年9月にネット上で行われた。

関連記事

  1. 昨日(8/15)のニュースまとめ

  2. 昨日(7/23)のニュースまとめ

  3. ビットコイン発明者、ついに判明か

  4. イランはビットコインに明るい

  5. 編集できるブロックチェーンを開発できるか、アクセンチュアの野望

  6. 通信事業者がブロックチェーンで管理

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ