ニュース

トランプリスクがビットコインを押し上げる可能性

日本も先日、参議院選の半数改選をおえたばかりのところだが、今年の11月には、世界中がその動向に注目する第45代米大統領選が行われる。海を越えたこちらでも、しきりにトランプかそれともヒラリーかと報道がなされているあたりその注目度はかなりのものだろう。

 

 

 

ところで最近面白いレポートが発表された。それは共和党候補のトランプ氏が大統領選挙に勝利した場合、ビットコインの取引量が増加し、高騰する可能性がある。という予測のレポートである。

 

トランプ氏といえば、大統領に立候補する以前から、超高級なマンションで知られるトランプタワーの所有者としても度々名が挙がり、まさしく一流の実業家、不動産王として知られる人物であるが、

 

アメリカ大統領に立候補するにあたって、「政治的手腕」にはかなり疑問符がつけられていることもまた事実である。

 

彼は、「暴言王」として度々、挑発的言動を繰り返しており、レポートでは、経済発展著しいメキシコや中国に対する発言や、イスラム教徒を敵視するような発言が、リスクとしてとらえられ、経済的不安が増大するのだという。

 

実際に経済の先行きが不安定な状態ではビットコインの価格が上昇傾向になることが以前から知られており、トランプ氏の大統領就任は、ビットコインの価格や取引量を増大させる結果につながることになるとレポートは指摘している。

 

イギリスのエコノミスト誌では、トランプ大統領の誕生を、世界的リスクの10位に挙げており、彼が構想として掲げる数々の奇抜な政策が、世界の経済不安を増長させているのだ。

 

数ある政策の中で特に不安視されるのが、イスラム教徒に対する対応であり、トランプ氏は就任のあかつきには、ムスリム系の不法滞在者を強制退去させ、アメリカのメキシコの間に巨大な壁をつくる。といった何とも過激な主張を展開している。

 

その過激な政策のすべてが実行されることはさすがにないだろうが、その主張がなされることで、通貨や世界経済に対して疑問をもった人々のマネーが安全資産と呼ばれるビットコインに流入することは、大いに考えられる結論だといえる。

関連記事

  1. 世界最大のATM運営業者は業界躍進に危機感

  2. LINEが仮想通貨業界に参入

  3. ECBの仮想通貨規制

  4. ETHの最大発行量が1.2億に制限される可能性が浮上

  5. コインチェック和田社長、ボディーガードを付ける日々

  6. 2つの米ブロックチェーンETF、上場来2週間で3億ドル近く資金集める

PAGE TOP

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]

ニュース

デジタル遺品、相続できる準備整ってますか[終活のデジタル化]

ニュース

日本円を担保にしたステーブルコイン発行へ

ニュース

昨日(9/22)のニュースまとめ