ニュース

ロシアの金融企業などで民間のブロックチェーンコンソーシアム立ち上げ

ロシアといえばビットコインに関しては厳格な体制をとっている国ではあるが、このたび、ロシアの金融各社がブロックチェーンコンソーシアムを形成することを発表した。

 

 

7月1日に公表されたこのコンソーシアムは、支払い処理を担当するQIWI、B&N 銀行、Khanty-Mannsiysk Otkritie 銀行、Tinkoff 銀行、MDM銀行、そしてプロフェッショナルサービス企業としてアクセンチュアを含んでいる。

 

これは、ロシア中央銀行によって6月29日~7月1日に行われた、セント・ピータースバーグでの第25回国際金融議会にて発表された。

 

このコンソーシアムは、ブロックチェーンでのコンセプトの証明、共同研究、政策波及、そして技術基準の作成に焦点を当てられ、国内の規制担当者と政策立案者とが積極的に協力して取り組むことを目指しているのだという。

 

今回の動きは、40を超える機関のメンバーからなるブロックチェーンと分散型台帳開発に焦点を当てた金融サービスの連合体、つまりロシア版のR3コンソーシアムのようなものを作りたいとQIWIが表明してから数ヶ月後に発表された。

 

QIWIのCEOは次のように述べている。

 

「ロシア最大の金融各社を提携したこのコンソーシアムは、金融サービスに革命をもたらし、多くの企業が研究において協力しまた各社に波及させる効果的なプラットフォームになりえると確信している。」

 

また、中央銀行の会議では、ロシアでのブロックチェーン開発に対する追加の取り組みが明らかになった。

 

フォーク・ログによると、ロシア銀行の副会長オルガ氏は、外部との共同での試行が報告されているブロックチェーンを利用したメッセージ伝達システムへの取り組みを発表した。

 

「我々の役割は、この技術をただ他の既存の解決手段と入れ替えるのではなく、収益をもたらすマーケットへと導入する事です。現在は、ブロックチェーンを経由したメッセージ伝達システムを開発中であり、外部機関と共同で試験を行っております。」

関連記事

  1. 暗号通貨取引中毒患者の治療開始

  2. 放送料金をBCHで決済

  3. フィリピンで仮想通貨取引業が登録制に

  4. 国内産暗号通貨 MONAコイン

  5. スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

  6. 行政の記録保管にブロックチェーン技術使用

PAGE TOP

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか