ニュース

DMM、ADK新規事業開発支援プロジェクトに参画

記事のポイント

  • DMM.comが新規事業開発支援プロジェクトに参画
  • 新規口座開設者向けのキャンペーン開催中
  • DMM Bitcoinとは

暗号通貨プロジェクトと企業の提携だけでなく、ブロックチェーン技術を中心とした企業の提携にも最近は注目が集まるようになってきている。いままでは「暗号通貨に利用されている技術」として紹介されてきたが、今後は「ブロックチェーン技術が利用されている暗号通貨」という認識に代わっていくのかもしれない。

 

DMM、新規事業開発支援プロジェクト

合同会社DMM.com(以下DMM)111日プレリリースで、株式会社アサツー ディ・ケイ(以下ADK)が設立したテクノロジー×クリエイティブによる、新規事業開発支援プロジェクト、SCHEMA(スキーマ) に参画することを発表した。

SCHEMAAIやブロックチェーン、VR、ゲノム編集などの世界を大きく変化させる最先端技術が正しく理解されるよう、ADKが数多くのテクノロジーリソースに広告で培ったクリエイティブの力を活用し、新規事業開発を支援するプロジェクトとなっている。
新規事業開発には、ADKのオリジナルワークショップメソッド、ADK Power Idea Campを組み込み、技術に注力したコミュニケーション領域での専門スキルを持つメンバーが企業の課題やニーズ応じた新事業の創造を支援していく。また、外部パートナーとして、シリコンバレー発の世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーター「Plug and Play

テクノロジー系のスタートアップなどの学発ベンチャーの輩出に多くの実績をもつ「デジタルハリウッド大学大学院」

プロダクト開発・検証に必要な機能を有するハードウェア・スタートアップの拠点「DMM.make AKIBA

グローバル視点をもつ生徒や起業家教育を推進する「広尾学園中学校・高等学校」

とが参画し、多彩なスタートアップ企業と連携し、テクノロジーとクリエイティブを併せ持つことによる新たな共創の形を推進していく。

こうした最先端技術を正しく理解してもらう試みやスタートアップ企業を支援する動きはよく見られる。特にブロックチェーン技術を活用してみたいもののどう生かせばいいのかわからない企業や興味関心のある企業へ技術導入する事業は先日紹介した、LastRootsでも行っている。

 

取引所キャンペーン

株式会社DMMのグループ企業、DMM Bitcoinが運営する取引所DMM Bitcoinでは現在、新規口座開設キャンペーンを行っている。またこの新規口座開設のほかにも、暗号通貨の保管に重要なハードウェアウォレットのプレゼントキャンペーンも開催中である。どちらのキャンペーンも今月30日までの期限となっている。

 

参考:DMM.com

関連記事

  1. コインチェック、他社と資本提携か?

  2. 仮想通貨時代の支配者はロシアとなるか

  3. 暗号通貨に注意喚起「理解してから取引して」

  4. XRP、送金業者TransferGOで取引開始

  5. Bitcoin.comファウンダーがビットコインを売却

  6. 【号外】「北朝鮮の水爆実験成功」からみる暗号通貨の本質

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ