ニュース

暗号通貨が身近に[Lite.IM・XRP Text]

記事のポイント

  • 暗号通貨送金が簡単に
  • FacebookのメッセンジャーでLTC送金
  • TelegramSMSXRPの送金

最近ではExcelの拡張機能開発でビットコイン(Bitcoin/BTC)決済が可能であったり、Amazonでも暗号通貨決済が可能であったりと、暗号通貨を身近に利用する機会も増えてきた。それと同時に以前は狭いコミュニティ、掲示板などで行われてきた暗号通貨投げ銭はいまや大手SNSでも行えるようになり、日常生活の中で暗号通貨を見かける機会も随分と増えてきたのではないだろうか。

 

LTCの送金サービス

SNS上で暗号通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)を送金できるサービス、lite.IMFacebookにも対応し、今までの携帯電話・メールアドレス・Telegramでの送金に加え、Facebookのメッセンジャーでも送金が行えるようになった。

Facebookでは以前、暗号通貨関連広告の禁止対策をとっていたが、現在では同社が安全と確認できた暗号通貨関連広告に関しては掲載を許可している。そしていまや暗号通貨の送金を受け入れるまでとなっていることから、現在は「Facebookは技術に対して温厚になってきた」とされている。Lite.IMでは可能な限り多くのSNSLTCの送金ができるようサポートする考えを明らかにしている。

暗号通貨詐欺やICO詐欺が横行していた時期には、FacebookのほかにもGoogleTwitterといった大手SNSで暗号通貨関連広告の禁止対策が行われていた。

 

 

XRPの送金サービス

暗号通貨リップル(Ripple/XRP)の投げ銭サービス・アプリは以前から存在するが、今回は新たに携帯電話のSMSTelegramXRPの送金が可能なXRP Textのベータ版がリリースされた。

これにより、XRPはもとより暗号通貨を知らない人に対しても、ウォレットを持っていない人に対しても、簡単にXRPでの送金が行えるようになる。これまでテキストメッセージによる送金はビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)LTCでのサービスは存在していたものの、XRPでの送金サービスは存在しなかった。今回、ベータ版ではあるもののXRPを利用した新たな送金サービスが誕生したことでXRPの普及はさらに後押しされるのではないかと期待されている。

 BTCやBCH、LTC、XRP、MONAと様々なコインの送金・投げ銭サービスが増え、暗号通貨を簡単に手に入れられるようになってきた。決済手段としてはまだまだ利用が限られているが、投機だけでなく投げ銭のようにお遊びでハードル低く利用できる機会が増えるのも暗号通貨の普及に必要なことではないだろうか。

 

参考:Litecoin XRP Text

関連記事

  1. 昨日(11/9)のニュースまとめ

  2. 銀行法解釈で見る今後の銀行・取引所の未来

  3. マーケティングに関する法規制の明確化[暗号通貨関連企業]

  4. SEC,ETF申請拒否するも「投資として価値がないわけでない」

  5. 相次ぐ暗号通貨業者の撤退

  6. ベネズエラ大統領、企業にペトロ支払いを受け入れるよう要請

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]