ニュース

デジタルバンクのWB21がビットコインの受け入れを開始へ

世間に銀行は数多くあれど、ビットコインを受け入れる銀行は珍しい。しかし、今、デジタルバンクのWB21がビットコインの受け入れを開始するのだという。

 

 

WB21の発表によれば、彼らは65万人以上もの顧客にとって、最善な方法として、ビットペイのビットコイン支払システムを追加するつもりだ。

 

CEOのマイケル氏によれば、ビットコインによる支払で解決される最も大きな問題は、その国に口座を維持できない人々の問題を解決することができるようになることだという。

 

マイケル氏は説明する。

「ビットコインを受け入れる ことによって 我々顧客は、世界どんなからでも資金彼ら口座すぐに 動かすことができます 彼ら我々アドレスにビットコイン送るとすぐに、我々は、当座預金選んだ通貨価値を確認し、口座で利用できるようにします。そしてそれは送金先で引き出したり、デビットカードなどの方法で利用することができるようになります。」

 

実際にWB21がビットコインを受領すると顧客はそれを18種類の通貨にして利用することができるのだという。

 

次にビットコインという仮想通貨を取り扱う安全性について。

 

ビットペイはビットコインを安全に取り扱えるようになっている、WB21は安全性について言及した。

 

「我々は口座をもつすべての顧客のために完璧なKYCチェックをしている、顧客がそれをパスすると、彼らは報告書へのアクセスを通じてビットコインを利用できる。ビットペイはビットコイン取引の側でセキュリティ対策をしている。」

 

ビットコインを現地通貨に安全に交換する方法が確立されることは、その利便性を大いに高めることに繋がり、ひいては仮想通貨の信用性向上にもつながってくるので、WB21のような企業の活躍には期待の目を向けておきたい。

 

 

※KYCチェック…know your customerの略で顧客に対する調査を指す。文中ではビットコインを悪用される可能性に対して、顧客調査を行っているという意味で使用

 

 

 

関連記事

  1. 【ゴールドマン・サックス】仮想通貨バブルが崩壊しても問題ない

  2. 英のリサイクル業者がビットコイン決済導入

  3. 韓国大手取引所ビッサム、国内8,000店舗で仮想通貨決済の導入目指す

  4. GMOグループが仮想通貨事業に新規参入

  5. 暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

  6. リップルネット利用目的の提携、勢い止まらず

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘