ニュース

昨日(10/31)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 欧州取引所Bitstamp、韓国NXC子会社の投資企業NXMHに買収
  • Ripple社、Google社の製品開発責任者を採用
  • 全銀ネット、富士通と共同でブロックチェーン決済の実証実験
  • NEMブロックチェーンセンターにマレーシア産業大臣が訪問
  • コインチェック、「新規口座開設・一部通貨の入金購入」など再開

更新記事

9月に大規模な変更を行い利便性が向上したことから、利用者からは期待が集まっていたカナダの暗号通貨取引所MapleChangeはハッキングによって全資産を流失し、業務続行・保証は不可能であることを報告した。しかしハッキングの連絡を行った後に様々なSNSが削除されたこと、その処理が速かったことから顧客の資産持ち逃げ詐欺ではないかとみられている。

 

Bitcoin.comの取材の中で、金融庁が「ステーブルコインは暗号通貨に該当しない」としたことが明らかとなった。国内ではGMOも日本円のステーブルコイン開発準備に取り掛かっていることも明らかになっていることから、これからステーブルコイン関連の法規制が整備されていくとみられる。

 

スマホアプリで携帯番号を利用して簡単に個人間送金ができる日は近いかもしれない。全国銀行資金ネットワークと全理事銀行9行、富士通株式会社が、ブロックチェーン技術を活用した個人間送金システムで、来年1月から実証実験を実施する。指紋認証や暗証番号で本人確認を行い、スマホで送金できるようになるほか、携帯番号やSNSのIDなどで相手の口座番号を知らなくとも常時送金ができるようになるため、注目が集まっている。このサービスが提供されれば、送金サービスの向上化だけでなく国内のキャッシュレス化も促進されるのではないだろうか。

関連記事

  1. 昨日(12/9)のニュースまとめ

  2. 【速報】ユーログループ、来週仮想通貨規制に関して協議へ

  3. Ripple社、資金洗浄対策へ[Coinfirmと提携の報道]

  4. 押収したBTCの対処に困惑

  5. 食品ロス・人材不足の課題解決へ[経済産業省・LINEPay]

  6. 「フォーク」の再定義、混乱防止なるか

PAGE TOP

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始