ニュース

昨日(10/24)のニュースまとめ

更新記事

暗号通貨やブロックチェーンに友好的な国は数多く存在するが、その中でも特に島国は暗号通貨・ブロックチェーンに対して積極的に取り組みを行っている。最近ではマルタのほかにバミューダやジブラルタル、バハマなどの島国の動きがみられる。いずれもイギリスの海外領土、もしくはイギリス連邦加盟国である。イギリスも暗号通貨・ブロックチェーンに友好的であり「暗号通貨経済をけん引していく存在となる」可能性が最も高い国と評価されている。

 

暗号通貨を悪用した詐欺は多く存在し、コインの森でも「質問コーナー」で詐欺とみられるプロジェクトの注意勧告を行っています。詐欺プロジェクトを知っておくことも重要ですが、まずは暗号通貨を購入する際に、どのに注意を置けばいいのか、また被害にあった場合どこに相談すればいいのかを紹介いたします。

 

暗号通貨決済サービスや暗号通貨取引サービスを提供す企業も増え、世界も暗号通貨の利用に関しても統一規制策定に動き始めている。その規制によって消えていくものも存在するかもしれない。生き残っていくのは規制を潜り抜けるコインやセキュリティの甘い取引所ではなく、基準を満たした取引所・コインである。


関連記事

  1. 日本の決済環境を変えるのは

  2. 大口投資家情報の報告義務[イスラエル]

  3. ドバイ、BTC取引詐欺で2億円強奪犯を逮捕

  4. DAOがハッキングされ、イーサリアムの価値が暴落。

  5. 資産管理サービスでXRP等の扱い検討[Coinbase]

  6. ビットコイン10%下落で安値を試す@2018.1.31

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ