ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

  • Zaifのアプリ配信が17日15時に終了
  • カルダノ共同創設者、EOSを批判
  • 中国取引所BTCC,11月から韓国でサービス開始
  • OmiseGO,三井不動産などから資金調達

更新記事

国際機関からも注目を集め、国際送金にも利用され、投資家たちからの人気も高い暗号通貨リップル(Ripple/XRP)の勢いは止まらない。

LiquidBITPointで新規口座開設キャンペーンが行われている。このキャンペーンで口座開設を行う方もいるかもしれないが、暗号通貨業界はまだ安全に取引ができる環境ではない。資産の管理や資産流失が起きた際の対応、法規制などもまだ整備途中である。金融庁の認可を受けているからといって安全が保障されているわけでもない。暗号通貨取引に関わるリスクを十分理解してから、投資が自己責任であることを踏まえたうえで口座を開設し取引を行ってください。

暗号通貨取引への課税率が高い日本だが、 9月に公表された金融庁の「新しい日本のための優先課題推進枠」の要望一覧に暗号通貨への課税についての規制がなかったことから、2019年もこの暗号通貨に関する課税の改正はされないのではないかとみられている。ただ、暗号通貨を含めた匿名性の高い所得についても正確に把握できるよう、政府は体制・仕組み作りを行っていく方針だ。


関連記事

  1. SWELLの開催日迫る[SWELLとは?開催日は?]

  2. EUにも影響か?フランス、厳しくなる監視の目

  3. VISAのCEO「仮想通貨は扱わない」

  4. ビットコイン価格、一年前の倍に上昇

  5. GMO「貸仮想通貨」にアルトコイン追加

  6. マルタ、株式のトークン化に注力か

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ