ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

  • ケニア政府、政府プロジェクトにブロックチェーン活用で透明性確保
  • 暗号通貨決済のBitPay、ステーブルコインの受け入れを開始
  • Appleの共同創設者、ブロックチェーンキャピタルファンドの共同創設者に
  • アメリカ大手資産運用会社フィデリティ、暗号資産管理サービスの創設

更新記事

インターネットが普及したことで様々なデータが作成され、利用されるようになってきた。このデータの活用が進められていく中で注目されているのが個人に関するデータとなっている。電子マネーやポイントカードなどで顧客を識別し、顧客の購入履歴に合わせてマーケティングを行っていくようなものだ。ネットで買い物を行う人は経験があるだろう。「これを購入した人はこれも買っています」「あなたにおすすめ」と自分の購入履歴をもとに商品を進められるというのはいまや普通のことだろう。

アメリカの金融犯罪取り締まりネットワーク(FinCEN)は経済制裁回避を目的としたイランの暗号通貨の利用を監視するよう、暗号通貨取引所に勧告した。イランでは暗号通貨は中央銀行に禁じられているものの、P2P取引所や他国に本拠を構える暗号通貨取引所の利用は可能な状態となっている。国としては暗号通貨を禁止しているため、当然利用を前提とした資金洗浄防止やテロ資金供与対策、投資家保護といった法規制は行われておらず、このことからリスクが世界に影響を及ぼす可能性もあるFinCENは警告している。また、このイランが「禁止」としながら利用できる環境にあることからFinCENは「暗号通貨を個人や団体が制裁回避手段として利用できる状態」としている。

Microsoft(マイクロソフト)は利用者が個人データを自分で管理できる分散型ID製品を開発する予定を発表した。同社は以前からブロックチェーンの活用に積極的に動いており、その中で個人情報の扱いについて言及していた。分散型に利点があるように中央集権型も利点があることから、世界の完全な分散型への移行は難しいかもしれないが、人々が「分散型か中央集権型か」を用途によって使い分け選択できる自由を手に入れる日はそう遠くないのではないだろうか。


関連記事

  1. 拡大するブロックチェーン市場、日本の動き

  2. GMOインターネット、仮想通貨マイニング事業の月次報告書を公開

  3. ブロックチェーン活用のための基盤づくり

  4. 昨日(10/21)のニュースまとめ

  5. ビットコイン取引所 247exchange、使い勝手が大幅に向上

  6. ティム・ドレイパー氏、ビットコイン企業Hedgyに120万ドルを出資

PAGE TOP

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事

ニュース

昨日(11/17)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨のこれから

ニュース

イギリスフィンテック企業Revolut、2019年日本向けサービス開始

ニュース

bitbank、総合情報サイト開設[最新情報から価格チャートまで]