ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

  • 香港、暗号通貨禁止はしないものの規制の方針
  • SONY,音楽映像権利をブロックチェーンで管理
  • BCH開発者、匿名化を目的とした開発ロードマップ公開
  • 中国富裕層ランキングにBitmain社から5人が選出
  • Coinbase、機関投資家向けサービスの提供を停止
  • COBINHOOD,XRPとXEMが上場

更新記事

世界大手暗号通貨取引所であるBinance(バイナンス)は10月15日、ウガンダでサービスを開始する予定をプレリリースで発表した。これによるとサービスは10月17日から開始されるようだ。同取引所は以前からウガンダでの開設を視野に入れていた。

改ざんが理論上不可能なブロックチェーン技術は暗号通貨や証券などの金融業界だけでなく、様々な社会問題を解決することに役立つ可能性を有しており、世界中から注目されている技術となっている。日本でもSBIや三菱UFJ銀行といった金融機関だけでなく、富士通やSONY、楽天など様々な企業が開発研究が行われている。最近では経済産業省と運送業者・商社が協力し物流の効率化の取り組みが行われている

保険業界が参入し、失敗が許されない大学基金運用で暗号通貨への投資が行われてきたことから「機関投資家」の参入は間近ではないかと考えられていたが、機関投資家向けのサービスは利益を上げられていないようだ。アメリカ大手暗号通貨取引所であるCoinbaseは機関投資家向けのファンドを終了する方針を明らかにした。


関連記事

  1. 台湾ギャングがBTCマイナー銃撃

  2. ウクライナの情報サイトが家宅捜索か

  3. マン・グループ仮想通貨参入

  4. 仮想通貨活用の危険性

  5. ビットコインが高騰、9万円台へ

  6. コインチェック、金融庁から処分へ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ