ニュース

インフォテリアとテックビューロ、 世界で初めてマイクロファイナンスでの実証実験に成功

ブロックチェーン企業であるテックビューロとインフォテリアが、ミャンマーでのマイクロファイナンス企業の勘定データ記録をプライベートブロックチェーンに移行させることに成功した。

 

この実験により、プライベート・ブロックチェーン「mijin」がマイクロファイナンスの業務プロセスに適用可能なことが確認でき、勘定データ記録にプライベート・ブロックチェーン技術が適用できることが明らかになった。

 

このような、マイクロファイナンスのデータをプライベートブロックチェーンに移行させる実験を成功させたのは世界初となる。

 

今回実験に協力したのは、ミャンマーでマイクロファイナンス業を営むBC Financeの本社である。

 

ミャンマーには5000万人もの人々が住んでいるが、そのうち銀行口座を利用できているのはたったの200万人、一部の選ばれた富裕層に限られるというわけだ。

 

その点で、銀行口座をもたない人々も含む様々な人々に対して、融資や預金といった金融サービスを提供するマイクロファイナンスは、同国の今後の経済成長を支えていく上で重要な役割を担っていると言える。

 

ミャンマーはつい最近まで軍事政権の只中にあったが、今年の春についに軍事政権による支配が終わり、これからの成長を期待されている国のひとつであり、そうなればマイクロファイナンスの顧客も大幅に増える。

 

顧客が大幅に増えれば、商売人としてはうれしいが、顧客管理などのコストがかさむことになる。安全でかつ低コストの顧客管理を実現するために、ブロックチェーン技術の力を借りるという選択をしたのだ。

 

このように、インフォテリアとテックビューロは海外におけるブロックチェーン技術の普及・浸透にも注力していく予定で、

 

実証実験で得ることができる成果は、他国に向けた展開にも活かしていくことで、両社の提携を世界規模なものに発展させていく方針なのだと発表している。

 

 

 

 

プレスリリース

関連記事

  1. ブロックチェーン大学校が開講、初回は公開形式で

  2. 1週間(6/25~30)のニュースまとめ

  3. JVCEA、金融庁へ認定申請

  4. 中国シンクタンク、中央銀行は仮想通貨の導入を検討すべきと提言

  5. マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

  6. Coinbase、取引上限引き上げ

PAGE TOP

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ