ニュース

昨日(10/11)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

更新記事

914日に不正アクセスを受け、約70億円の暗号通貨を流失させた暗号通貨取引所Zaifを運営するテックビューロは、1010日に株式会社フィスコ仮想通貨取引所との間で顧客資産等に関する支援要請及び契約締結したことを発表した。この譲渡にかかる資金は55億円で、フィスコはそのうち42億円を新株発行で調達し、13億円は現預金・暗号通貨から支出する方針だ。

国際通貨基金(IMF)は「World Economic Outlook, October 2018(世界経済の見通し)」と題した報告書を発表した。本日11日はインドネシアのバリ島で各国の代表団が多数集まり、G20IMF・世界銀行の年次総会が開催される。暗号通貨への世界基準での規制や扱いなどに変化はあるか注目しておきたい。

現在、国際送金システムを運営している国際銀行間通信協会(SWIFT)が主催する金融カンファレンスSibosRipple社が参加する。世界貿易機関(WTO)も「金融システムに多大な影響を及ぼす可能性がある」と評価しているRipple社が今回のカンファレンスに参加することに多くの注目が集まっている。

関連記事

  1. コインチェック社長、損失補償を決断。顧客の反応は賛否両論

  2. 富士通が新しいサービスを

  3. Koinify、DApps用のトークン発売終了

  4. ルメール仏財務相、BTCや仮想通貨の重要性に言及

  5. 中国は更なる規制強化の乗り出すか?

  6. SEC仮想通貨業界全調査へ

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ