ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

更新記事

2020年までの完全なブロックチェーン都市化を目標に掲げているドバイでは、政府が開発している暗号通貨emCashを日常的に利用できるよう環境整備が政府主導のもと進められている。

世界最大手の暗号通貨取引所Binance(バイナンス)CEO,ジャオ・チャンポン(CZ)氏は、マルタで開催されたサミットで暗号通貨取引所の運営に必要なのはセキュリティだと語った。取引所でのハッキングが大きなリスクとなっている現状ではもっともな意見だ。

各国の規制対策提出期限となっていた前回のG20では特に大きな規制も取り決めが行われるわけでもなく終了した。今回のG20は国際規制基準の枠組み提出期限となってはいるものの、これも特に目立った動きはなく終了するのではないかとみられる。

関連記事

  1. ロシア、中国に対抗してビットコインのマイニングに1億ドルを用意

  2. 品川にコワーキングスペース、オープン

  3. シンガポール中銀、ブロックチェーン活用した決済に注力

  4. 昨日(11/9)のニュースまとめ

  5. リップル1ドル割れ、リップルCEO、コインベース会長のCNBCインタビ…

  6. 三菱UFJの暗号通貨実証実験開始

PAGE TOP

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]