ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

更新記事

2020年までの完全なブロックチェーン都市化を目標に掲げているドバイでは、政府が開発している暗号通貨emCashを日常的に利用できるよう環境整備が政府主導のもと進められている。

世界最大手の暗号通貨取引所Binance(バイナンス)CEO,ジャオ・チャンポン(CZ)氏は、マルタで開催されたサミットで暗号通貨取引所の運営に必要なのはセキュリティだと語った。取引所でのハッキングが大きなリスクとなっている現状ではもっともな意見だ。

各国の規制対策提出期限となっていた前回のG20では特に大きな規制も取り決めが行われるわけでもなく終了した。今回のG20は国際規制基準の枠組み提出期限となってはいるものの、これも特に目立った動きはなく終了するのではないかとみられる。

関連記事

  1. 暗号通貨ヘッジファンド、今年で1割が閉鎖か

  2. XRPの将来を信じられないなら、手放すべき

  3. NvidianのQ4決算予想上振れ、仮想通貨Cマイニングプロセッサー売…

  4. ブロックチェーン技術は日本をどう変えるのか[業界の動き]

  5. QUOINE視線は世界へ

  6. トルコとイランも独自の仮想通貨発行を検討中

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場