ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

  • BTC、ブロックサイズをハードフォークなしに拡大提案
  • BTCウォレットを盗むマルウェア、人気ゲームと偽って配信
  • ベネズエラ政府、パスポート支払いをペトロのみに統一し人材流失を防止
  • Forbesの富裕層400人にRippleのクリス・ラーセン氏選出
  • Bitfinex、世界的な銀行HSBCと提携か

更新記事

アメリカの名門大学イェール大学が暗号通貨特化ファンド、Paradigmに約454億円もの投資を行ったことがBloombergによって報じられた。同大学は以前、暗号通貨のリスクに関する研究を行い、話題となっていた。同大学では経済・金融の観点から暗号通貨のリスクに関して調査を行い、「証券・株式よりも投資効率がいい」という結論を出した。

コインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森では問い合わせからいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。今回の質問はAIzenについて調べてほしい」というものでした。結論から申し上げますとこのAIzenプルジェクトは詐欺です。理由としましては運営会社が不明であること、ホワイトペーパーが未公開であること、トークン購入に紹介者が必要(ねずみ講)であることからです。

現在、各国中央銀行でデジタル通貨の研究開発や計画が検討されつつある。こうした熱心な取り組みが行われているのは、ブロックチェーン技術を含めたフィンテック分野の技術が従来の金融システムを大きく改善し、経済活性化につながるとされているためだ。日本銀行ではデジタル通貨発行に関する計画はないものの、フィンテック技術を導入し銀行間の資金決済等を効率化させる考えがある。


関連記事

  1. シンガポール政府と銀行がブロックチェーンをテスト

  2. ロシア、暗号通貨利用に新たな規制か

  3. Ripple、2800万ドルの資金調達を実施

  4. 昨日(7/21)のニュースまとめ

  5. カナダ証券取引所がイーサベースの清算決済プラットフォーム

  6. アメリカの裁判所「先物委員会はBTC先物を規制してよい」

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場