ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

  • BTC、ブロックサイズをハードフォークなしに拡大提案
  • BTCウォレットを盗むマルウェア、人気ゲームと偽って配信
  • ベネズエラ政府、パスポート支払いをペトロのみに統一し人材流失を防止
  • Forbesの富裕層400人にRippleのクリス・ラーセン氏選出
  • Bitfinex、世界的な銀行HSBCと提携か

更新記事

アメリカの名門大学イェール大学が暗号通貨特化ファンド、Paradigmに約454億円もの投資を行ったことがBloombergによって報じられた。同大学は以前、暗号通貨のリスクに関する研究を行い、話題となっていた。同大学では経済・金融の観点から暗号通貨のリスクに関して調査を行い、「証券・株式よりも投資効率がいい」という結論を出した。

コインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森では問い合わせからいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。今回の質問はAIzenについて調べてほしい」というものでした。結論から申し上げますとこのAIzenプルジェクトは詐欺です。理由としましては運営会社が不明であること、ホワイトペーパーが未公開であること、トークン購入に紹介者が必要(ねずみ講)であることからです。

現在、各国中央銀行でデジタル通貨の研究開発や計画が検討されつつある。こうした熱心な取り組みが行われているのは、ブロックチェーン技術を含めたフィンテック分野の技術が従来の金融システムを大きく改善し、経済活性化につながるとされているためだ。日本銀行ではデジタル通貨発行に関する計画はないものの、フィンテック技術を導入し銀行間の資金決済等を効率化させる考えがある。


関連記事

  1. 保険金も自動請求で[中国]

  2. 韓国政府は取引所に罰金、個人情報保護違反か

  3. 中銀発行の暗号通貨は年内開始か

  4. xRapidの試運転成功、最大7割のコスト削減

  5. Coinbase社がイギリスでサービス開始

  6. イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

PAGE TOP

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]