ニュース

アメリカ名門大学、暗号通貨ファンドに出資

記事のポイント

  • ・イェール大学、暗号通貨特化ファンドに出資
  • ・イェール大学の暗号通貨リスク研究
  • ・資産総額はハーバード大学に次ぐアメリカ国内第2

アメリカの名門大学イェール大学が暗号通貨特化ファンド、Paradigmに約454億円もの投資を行ったことがBloombergによって報じられた。同大学は以前、暗号通貨のリスクに関する研究を行い、話題となっていた。

暗号通貨特化ファンド

同ファンドはコインベース共同創設者、パンテラ・キャピタルの元社員によって設立されたものである。暗号通貨関連の振興プロジェクトや取引所を中心に資産運用を行っていくとされている。暗号通貨特化ファンドは珍しいものではなく、近年では政府が認可した暗号通貨関連ファンドも存在する。

 

 

イェール大学の研究

同大学では経済・金融の観点から暗号通貨のリスクに関して調査を行い、「証券・株式よりも投資効率がいい」という結論を出した。

暗号通貨は確かに価格変動率が高くリスクが伴うが、この研究によって「高リスク高リターン」、つまり高いリスクに見合った利益が得られるということが分かった。またこの効率は現在の投資の主流である証券・株式よりも良いものだとされた。ただ、調査対象が時価総額上位3位のビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム(Ethereum/ETH)、リップル(Ripple/XRP)であること、暗号通貨市場の法規制が完全に整備されている状況ではないことから、すべての暗号通貨投資がこの結果に当てはまるとは言えない。

 

イェール大学

同大学は、このParadigmファンドのほかに、アメリカ大手ベンチャーキャピタル企業であるAndreessen Horowitzが設立したクリプトファンドにも投資を行う予定だ。暗号通貨関連の講義や研究を行う大学も増えてきているが、同大学のように実際に暗号通貨関連の投資を行うのは珍しいのではないだろうか。

参考:Bloomberg 

関連記事

  1. 暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

  2. ユニセフがブロックチェーン投資へ

  3. NEM財団、Polipoli公式支援

  4. 社内専用暗号通貨サービス

  5. Purse.ioでAmazonの支払いに使うコインがビットコイン以外に…

  6. 中国人民銀行、仮想通貨を年内に規制へ=副総裁

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場