ニュース

1週間(10/1~10/8)の注目ニュース

10/1~10/8の知っておきたい出来事

今週の注目記事

暗号通貨リップル(Ripple/XRP)に関連したニュースが増えてきている。暗号通貨取引所Binanceでのコイン格付けでXRPは1位を獲得した。またウォレット兼支払いプラットフォームであるCrypto.comでXRPが採用され、同プラットフォームでUSD・GBP・EUR・SGDを利用してXRPが購入できるようになった。こうしたいいニュースが広がるのと同時に「XRPは証券」「スキャム」というFUDも徐々に減っていくだろう。

現在の国際送金システムSWIFTRipple社の国際送金システムxRapidを利用する可能性が報じられている。SWIFTxCurrentまたはxRapidを利用するためのAPIを構築しているとし、この採用は確信を持って言えるかのように報じられている。公式からの情報ではない以上過剰に反応するべきではないが、可能性としては十分にあり得る話ではないだろうか。

政府は金融のデジタル化も進めていく方針で2025年にはキャッシュレス決済比率を40%まで引き上げることを目標としている。その促進政策の一環として政府は、201910月に予定する消費税率10%の引き上げに合わせ、キャッシュレス決済を行った消費者に対し購入額の2%分をポイントで還元することを検討している。


関連記事

  1. 指輪にブロックチェーン技術活用

  2. Apple社の規制に何故批判が集まらないのか

  3. マスターカードが特許へ

  4. 米ゴールドマン・サックス、R3コンソーシアムから脱退

  5. 仮想通貨マイニング業者に電力提供をしない企業が現れた

  6. 三菱東京UFJと日立がブロックチェーンによる小切手決済の実証実験を開始…

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場