ニュース

昨日(10/6)のニュースまとめ

昨日のニュース

  • BitPoint,10/5から新APIシステム提供開始
  • アメリカCFTC、暗号通貨の取り締まり増加
  • アメリカの有名ラッパー、Soulja BoyはBTCに関する曲を歌った

SECのETF

アメリカ証券取引委員会(SEC)8月に拒否判断を下した、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の上場投資信託(ETF)の再審についての意見書期限を当初の1026日から115日に延期した。再審で結果が出るまではこのBTCETFを拒否したという判断は有効である。

 

更新記事

先日、銀行の送金アプリMoneyTapが正式にリリースした。これに続くような形で、続々と地方銀行も電子決済サービスの導入やインターネットバンキングサービスの拡大を行い、利便性向上に動いている。キャッシュレス決済比率が18%と低い日本で、金融機関がこうして動くことで促進されることに期待が集まる。

 NEMは高い技術と活発的な活動から、高い信頼を得ている。コミュニティや財団も活発的に取り組みを行っており、人材育成や情報提供に協力的で様々な国・地域で活躍している。そんなNEMは現在価格が上昇傾向にある。最近では分散型アプリケーションを提供しているGiftoとの提携や国内暗号通貨取引所QUOINEの取引プラットフォームで取り扱いが開始されるなど動きが活発になっている。 

 


参考:https://www.wsj.com/articles/opportunities-to-invest-in-private-companies-grow-1537722023/

関連記事

  1. インドネシア、ビットコイン禁止か

  2. Gppgleアドワーズ、仮想通貨関連を規制か

  3. 「なくなってしまった」BTCの行方は

  4. 暗号通貨の悪用90%から10%へ

  5. テックビューロ(Zaif)、OAuth認証機能での対策

  6. 昨日(9/17)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場