ニュース

価格上昇傾向のNEM、Liquidでの取り扱い

記事のポイント

  • ネム(XEM)の価格は上昇傾向
  • Liquidでの取り扱い開始
  • 世界各国で活動するNEM
  • 安全なICOを行うのであればNEM
NEMの動き

NEMは高い技術と活発的な活動から、高い信頼を得ている。コミュニティや財団も活発的に取り組みを行っており、人材育成や情報提供に協力的で様々な国・地域で活躍している。そんなNEMは現在価格が上昇傾向にある。

 最近では分散型アプリケーションを提供しているGiftoとの提携や国内暗号通貨取引所QUOINEの取引プラットフォームで取り扱いが開始されるなど動きが活発になっているまた今回QUOINEの取引プラットフォームLiquidで取引が開始される。これにより国内の取引も活発になることが予想される。特に国内ではNEMのイベントは多く開催されており、XEM決済を導入している店舗も数多く存在する。

 

 

NEM共同創設者のインタビュー

NEMの共同創設者であるジェフ・マクドナルド氏はBASE.INFOのインタビューの中で「安全なプラットフォームでICOを行いたいとするものはNEMを選ぶ」と発言した。現在ではICOプラットフォームといえばイーサリアム(Ethereum/ETH)を思い浮かべる方も多いだろう。しかしEthereumには2016年と20176月、20182月とハッキング事件が数回起きており、トークンが盗まれている。

Ethereumは確かに高い技術を有しており、魅力も多いICOプラットフォームではあるものの「安全」という点においては不安がある。マクドナルド氏は「Ethereumは資金調達するにおいて優れたプラットフォームである」と評価し、実際に多くのプロジェクトがEthereumを選んでいることを認めたうえで、「プルジェクトの資金を危険に晒すことがない安全性がある」とNEMの魅力を語った。また同氏は「2年後に暗号通貨市場はどうなっているか」という質問に対して「コインは増加し、市場規模も増加する。そしてブロックチェーンへの理解が広がると同時に信頼性が高まり、正当な評価を受けるようになっていくだろう」とした。

参考:NEM NEMFLASH   Bkokt.com 

関連記事

  1. 1週間(9/3~9/10)のニュースまとめ

  2. ニューヨーク州金融サービス局が不正を取り締まり!

  3. G20、仮想通貨は通貨ではなく資産との見解

  4. 昨日(7/25)のニュースまとめ

  5. 昨日(8/29)のニュースまとめ

  6. 国内産暗号通貨 MONAコイン

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ