ニュース

価格上昇傾向のNEM、Liquidでの取り扱い

記事のポイント

  • ネム(XEM)の価格は上昇傾向
  • Liquidでの取り扱い開始
  • 世界各国で活動するNEM
  • 安全なICOを行うのであればNEM
NEMの動き

NEMは高い技術と活発的な活動から、高い信頼を得ている。コミュニティや財団も活発的に取り組みを行っており、人材育成や情報提供に協力的で様々な国・地域で活躍している。そんなNEMは現在価格が上昇傾向にある。

 最近では分散型アプリケーションを提供しているGiftoとの提携や国内暗号通貨取引所QUOINEの取引プラットフォームで取り扱いが開始されるなど動きが活発になっているまた今回QUOINEの取引プラットフォームLiquidで取引が開始される。これにより国内の取引も活発になることが予想される。特に国内ではNEMのイベントは多く開催されており、XEM決済を導入している店舗も数多く存在する。

 

 

NEM共同創設者のインタビュー

NEMの共同創設者であるジェフ・マクドナルド氏はBASE.INFOのインタビューの中で「安全なプラットフォームでICOを行いたいとするものはNEMを選ぶ」と発言した。現在ではICOプラットフォームといえばイーサリアム(Ethereum/ETH)を思い浮かべる方も多いだろう。しかしEthereumには2016年と20176月、20182月とハッキング事件が数回起きており、トークンが盗まれている。

Ethereumは確かに高い技術を有しており、魅力も多いICOプラットフォームではあるものの「安全」という点においては不安がある。マクドナルド氏は「Ethereumは資金調達するにおいて優れたプラットフォームである」と評価し、実際に多くのプロジェクトがEthereumを選んでいることを認めたうえで、「プルジェクトの資金を危険に晒すことがない安全性がある」とNEMの魅力を語った。また同氏は「2年後に暗号通貨市場はどうなっているか」という質問に対して「コインは増加し、市場規模も増加する。そしてブロックチェーンへの理解が広がると同時に信頼性が高まり、正当な評価を受けるようになっていくだろう」とした。

参考:NEM NEMFLASH   Bkokt.com 

関連記事

  1. 日本でブロックチェーンスタジオ設立、入居者募集中

  2. XRP勢い止まらず

  3. ブロックチェーン企業立ち上げに最適な国

  4. モナコイン、ツイキャス採用で価格上昇

  5. イギリスの銀行でもクレカ禁止か

  6. 仮想通貨ウォレットを狙った新たなマルウェアが発見される。

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ