ニュース

昨日(10/5)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

  • 韓国ソウル市、ブロックチェーン技術を行政に導入する意向
  • Coinbase、期間投資向け事業者代表が退職
  • Bithumb、分散型取引所設立計画
  • スペインバレンシア市、スマートポート計画を発表
  • スルガ銀行一部業務停止命令、不動産融資6か月停止

更新記事

101日にテックビューロ株式会社は「現在も検討を継続中」と、顧客の流失資産の補償について発表した。同社が運営している暗号通貨取引所Zaif914日に起きた暗号通貨の流失に対する対応はもうすでに3週間が経とうとしているのにもかかわらず、具体的な補償方法などが定まっていないようだ。

暗号通貨リップル(Ripple/XRP)に関連したニュースが増えてきている。暗号通貨取引所Binanceでのコイン格付けでXRPは1位を獲得した。またウォレット兼支払いプラットフォームであるCrypto.comでXRPが採用され、同プラットフォームでUSD・GBP・EUR・SGDを利用してXRPが購入できるようになった。

短期の値動きから注目していた投資家だけでなく、ノアコイン保有者や東証、金融庁からも注目されていた「ビート経営権争奪戦」は10月5日の臨時株主総会で、オーストラリアMacquarieとの提携で決着がついた。


関連記事

  1. アメリカの暗号通貨税で相場下落か

  2. ドイツの銀行で初の暗号通貨取引

  3. 5月中旬、暗号通貨イベント一覧

  4. インド取引所、規制に対抗してP2P取引サービス

  5. オリンピック選手のスポンサー料に仮想通貨決済

  6. コインチェック、ネムの補償開始

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場