ニュース

昨日(10/3)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

  • 中国技術雑誌、購読料のBTC支払い開始
  • XMRを利用した違法行為対策サイト設立
  • Tether、ステーブルコインの日次取引98%独占
  • BTC10周年記念で、BTCでのみ購入できる時計生産

更新記事

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。質問は以下のものとなります。ASECコインについて調べて欲しい」結論から申し上げますと、このASEANコインは怪しいです。もし、購入を迷って相談をされたのであれば購入せずに、すでに購入してしまっているのであれば消費者庁・消費者センター・警察などの機関にご相談してください。

国内の取引所は前回の業務改善命令を受け、着々と良い方向へ向かおうとしている。国内での暗号通貨への不信感はいまだに強いままだが、確実に健全化に向かっている。現在コインチェック・ZaifbitFlyerといった国内大手古参取引所が新規顧客登録を停止しているが、それぞれが問題の指摘から健全化に進んでいくことに期待したい。

リップル社が開発を進めてきた暗号通貨リップル(Ripple/XRP)を利用した銀行間国際送金システxRapid102日から公式に商業活用される。MercuryFXCuallixCatalyst Corporate Federal Credit Union3社がxRapidを利用した国際送金を行う初の企業となる。また国際送金ネットワークRippleNetの金融機関採用が進むことを考え、同ネットワーク内での健全で効率的な利用を行うための規制策定委員会、RippleNet委員会が発足された。


関連記事

関連記事

  1. 分散型取引所とは?[初心者向け]

  2. CFTC、規定のもと従業員の仮想取引を承認

  3. テックビューロのmijinが世界88ヵ国で利用可能

  4. マカフィー氏ICOや暗号通貨の宣伝開始

  5. ベトナムで707億円相当のICO詐欺

  6. 昨日(8/12)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ