ニュース

1週間(9/23~9/30)のニュースまとめ

今週の注目記事

すべてが引っ繰り返る可能性も?[フィスコの支援・Zaifの立ち位置]→https://coinsforest.com/p/14133/

70億円相当の暗号通貨を流失させたことから、行政処分を受けたテックビューロの今後の態勢立て直しが注目されている。事件発覚から1週間もせずに、フィスコと支援・資本提携の契約を結んだこと、登録業者であることからコインチェックよりも円滑に立て直しが行われるのではないかという見方もある。しかし、この立て直し計画はフィスコの支援を受ける前提で立てられており、フィスコはテックビューロが登録業者であることを前提に支援を行うとしている。

公式ホームページの表示変更、Asheesh Birla氏は「PNCはまずxCurrentを利用するが、準備が整い次第xRapidの紹介も行う。xCurrentからxRapidへの移行は珍しいことではない」の発言からこのxCurrent、xRapid、xViaといった各プロダクトはRippleNetに統合されるのではないか、RippleNetが遂に完成するのではないかという推測がされている。また10月にはRipple社が主催するカンファレンス、SWELLが控えていることから、どんな発表がされるのかと期待が高まっている。

【すべてが引っ繰り返る可能性も?[フィスコの支援・Zaifの立ち位置]】では、テックビューロ側の態勢立て直し計画について述べたが、本記事では、そもそも支援を行うFISCOが、支援を行える経営状態にあるのか、という点について売上や経常利益、自己資本比率などから見ている。


関連記事

関連記事

  1. 米ツイッター、仮想通貨詐欺の防止策を導入か

  2. ロシアが仮想通貨業界規制の法案「デジタル資産規制法」公開

  3. 中国、ブロックチェーン支援ファンド新たに創設

  4. アメリカ名門大学、暗号通貨ファンドに出資

  5. 昨日(8/23)のニュースまとめ

  6. 昨日(10/16)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す