ニュース

【PR記事】MINDOL、2度目のTOB実施中

記事のポイント

  • AbuDhabiファンドとのTOB STAGE2の買付価格でTOB実施中
  • 様々なメディアで情報掲載

日本の中で眠っている、埋もれている才能やコンテンツをマイニングして日本を世界へアピールするための日本応援プロジェクト、ミンドル(MINDOL/MIN)がドバイファンドによる友好的TOB公開買い付け実施を行ったことから注目を集めています。

様々なメディアで掲載

AbuDhabiファンドとの戦略的パートナシップだけでなく、人気オンラインゲーム開発実績を持つソレイユ株式会社とのMINDOLを活用した対戦型オンラインゲームの企画開発やハリウッド映画へのスポンサー契約と様々な活動を行っていることから着実に知名度を上げてきています。

下記の一覧はこのプロジェクトMINDOLについての情報を掲載したメディアです。どれも株価や株主優待、IPO、投資信託など日本だけでなく海外の投資に役立つ情報を掲載しているメディアです。

様々なメディアで情報掲載

AbuDhabiファンドとのTOB STAGE1は終了しましたが、現在TOB STAGE 2を開催中です。2018年9月26日16:00時点で、公開買付者が求める半数以上(16.5%以上)の申込がされているため、公開買付諸規則中にあります「買付期間開始後120時間経過後でも公開買付者の求める応募総数79,200,000MINの半数に満たない場合」には該当せず、予定どおりTOB STAGE 2を2018年10月15日まで継続されます。2018年10月15日のTOB STAGE 2終了後に公開買付者が求める数量(33%)に満たない場合のみTOB STAGE 3に移行します。
募集要件は香港取引所Coinsuper取引所に上場しているMIN(MINDOL)を交換時点で3,000MIN有している保有者となっています。

MINDOLのTOBに興味のある方は詳しくは懲りたをご覧になってください。

MINDOL TOB ORDER FORM

あくまでこのTOBは3,000MIN以上保有している方限定で行われる任意のものとなっています。3,000MIN以上保有している方が参加しなければならないというものでもなく、TOB申込をキャンセルすることも可能となっています。


 

関連記事

  1. ドイツ、仮想通貨支払い導入

  2. ブロックチェーン技術の活用

  3. 大阪にも!暗号通貨総合窓口オープン

  4. 昨日(9/19)のニュースまとめ

  5. オーストラリア証券当局がICOに言及

  6. 暗号通貨を手に入れるには?

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ