ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

  • 偽BTC発行バグは秘密裏に迅速に修正
  • アルゼンチンでも法定通貨からBTCへ
  • フランス、BTC10周年美術展覧会

更新記事

中国政府機関、中国工業情報省傘下の北京情報センター(CCID)は第5回となる暗号通貨・ブロックチェーンプロジェクトの結果を公表した。今回はビットシェアーズ(BitShares/BTS)、スチーム(Steem/STEEM)がそれぞれ大きく順位を上昇させた。また、世界最大手の暗号通貨取引所Binance(バイナンス)が、暗号通貨・プロジェクトへの理解を広め、深めるために50以上の格付け機関のレポートをもとに独自の暗号通貨5段階評価を行う。

オーストラリアの暗号通貨大手企業EmpartaとBitTradeが、オーストラリアドルと連動させた価格安定暗号通貨(ステーブルコイン)の開発のために協力関係を済んだことを明らかにした。このステーブルコインは完全にオーストラリアドル(AUD)と換金できる点から、ステーブルコインの代表格でありながら様々な疑惑が飛び交うテザーとは一線を画すものとなっているとされている。

ケニアの国際送金業者、BitPesa(ビットペサ)と日本の送金サービス事業者SBIレミット株式会社が提携した。これにより、日本とアフリカ間の送金はブロックチェーン技術を活用し、より効率的で安全なものとなる。また送金が円滑に行われることで、日本とアフリカ間のビジネス拡大が促進されるのではないかと期待されている。


関連記事

関連記事

  1. 暗号通貨に関するまとめを金融広報中央委員会が発表

  2. 昨日(8/27)のニュースまとめ

  3. オーストラリア、ICO規制改正

  4. シンガポール中央銀行が新しいペイメントサービス

  5. 金融庁が「みなし仮想通貨交換業者」を公開

  6. 「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘