ニュース

三菱東京UFJの仮想通貨「MUFGコイン」来秋公開へ

メガバンクの一角、三菱東京UFJ銀行(以下UFJ)が新たな仮想通貨「MUFGコイン」を来秋公開することを発表した。

UFJがついに仮想通貨界に踏み込む判断を下したようだ。それも自らが仮想通貨を開発するという積極的な形で。正直予想外の出来事である。より正確にいえば、これほど早く実用化してくることは予想以上だった。

 

一般ユーザー向けに大手の銀行が仮想通貨を発行するとなれば、これは世界初の試みである。お世辞にも仮想通貨の普及が進んでいるとは言えない日本で、世界初。驚きの一言につきる。

 

しかも、あのUFJが。話を本題に戻す。

 

「MUFGコイン」が日本円に対して優れている点は、他の多くの仮想通貨と同じように、海外からでも外貨として引き出す事ができる点、そしてユーザー間での送金が可能である点、手数料の安さである。

 

そして、このコインはUFJに口座を持っていなくても利用することができるのだ。

 

スマートフォンにアプリをインストールしコインを取り込む。そしてそれを専用のATMから引き出す。

 

このATMに関しては2018年春からの普及を目指しているようだ。

 

そして、クレジットカードのように店舗と提携し、支払いをコインで済ませるようにする計画もあるらしい。

 

今まで日本国内において、仮想通貨が最大の関心を集めたニュースと言えば、マウントゴックすの倒産だったが、今回の大手参入で風向きが変わるかもしれない。

 

銀行の手数料を憎々しく思うユーザーは多いという。

 

ユーザー間で僅少の手数料で送金できる技術が確立すれば、それを歓迎する人は多いということだ。

 

電子マネーにつぐ新たな決済手段として仮想通貨が市民権を得る日もそう遠くはないのかもしれない。

関連記事

  1. ETHを証券として扱う検討に反発

  2. 公文書館でブロックチェーンプロジェクト[イギリス]

  3. 27億円のICO関連詐欺で起訴

  4. コインチェック、XMR取引再開

  5. ベトナム通信大手CMCとAkamai提携

  6. リップルのゴールとは

PAGE TOP

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]

ニュース

シンクロライフ、暗号通貨でeギフト購入可能に

ニュース

IOSCO、暗号資産に関する報告書発表[証券市場との共通論点]

ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]