ニュース

法定通貨でも、SMS・EメールでのP2P送金可能に[決済の利便性高まる]

記事のポイント

  • ソフトバンク、キャリア決済にブロックチェーン技術を利用した概念実証成功
  • 従来のメッセージ機能でのP2P送金が可能に
  • 普段の決済だけでなく海外旅行中の決済も便利に

ソフトバンクがメッセージサービスの国際標準規格であるRCS(Rich Communication Services)とTBCASoftのブロックチェーン技術を活用した新しいモバイルペイメントサービスのPoC(Proof of Concept、概念実証)に成功した。PoCはアメリカのブロックチェーン企業であるTBCASoft,Incとアメリカのメッセージングサービス企業であるSynchronoss Technologies,Inc.(シンクロノス)と共同で行われたもので、店舗でモバイル端末を利用しての決済に行うことに成功した。(PoCとは新たな概念・理論が実現可能かどうかを検証することである。)このPoCが成功したことで、支払い利用のほかに、SMSやEメールなど従来のメッセージサービスを使用しての、国内・国際間いずれの取引でも、RCSのウォレットアプリを通してP2P(Peer to Peer)の送金が可能となる。

このPoCはブロックチェーン技術を活用したキャリア間決済プラットフォーム(Cross Carrier Payment Service/CCPS)の提供を目指して行われた。このPoCで成功した技術が提供されれば、海外を旅行中にソフトバンクが提供するCCPSを利用してメッセージ機能で決済を完了することが可能となる。つまりわざわざ通貨の換金を行わなくても済むのだ。暗号通貨ではもちろんスマホをかざすだけでも決済が可能となり、利便性に富んでいるが、法定通貨でもこうした決済が可能になるのは非常に便利だ。またソフトバンクによるとこのCCPSのブロックチェーンAPIは高い凡用性を有しているため、様々なサービスでP2P送金が可能になるとしている。

このPoCについてソフトバンクのテクノロジーユニット 技術戦略統括 ITサービス開発本部 本部長 福泉 武史氏は以下のように述べた。

「RCSとブロックチェーンを活用したモバイルペイメントのPoCは、通信キャリア主導ならではの価値を表すものだと考えます。決済を行う店舗が、大手ブランドの決済サービスだけではなく、多様な決済手段を幅広く享受できるようになります。またユーザーにとっても、買い物や海外旅行などでの支払いがより柔軟になると考えています」

ソフトバンクはブロックチェーン技術への取り組みを積極的に行っている企業であり、2018年の5月には端末IDと所有者情報をブロックチェーン上で紐づけ、パスワードなしでサービスが利用できるサービスの開発を発表している。

参考:.softbank


関連記事

  1. 国内取引所 bitFlyer

  2. 仮想通貨ビットコインの先物取引開始

  3. 韓国、ICO合法化へ

  4. 止まらぬRippleの快進撃

  5. SEC BTCのETF承認への動き

  6. 中国最大手の小売り「ブロックチェーン事業育成インキュベータ」

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは