ニュース

英国のBTC取引所大手Bitstampがユーロ/ドルの取引を開始

欧州最大のビットコイン取引所であるBitstampが、ユーロ-ドル(EUR/USD)の取引を開始した。

 

取引は5月31日から開始されており、同社は今後仮想通貨以外の実際の通貨ペアの増加も考えていると発表している。

 

Bitstampは、ルクセンブルクの為替換業務を認可する決済機関ライセンスをすでに取得しており、これによって、仮想通貨のみならず、実際の通貨のやりとりもできる地盤が整っているようだ。

 

今回の試みの狙いは、ビットコインを現実の通貨に置き換えた時の価格差の是正と見られ、今までのところ、仮想通貨と現実の通貨の両方を取り扱える取引所が少ないため、交換した時の価値の差がかなり大きくなってしまっているという。

 

Bitstampは「新たな取引通貨のペアを増加していくことで、資金の流動性が強くなり、よりスムーズに裁定取引を行うことができる」とした上で、今後も取り扱う通貨や仮想通貨の種類を増やしていくと表明している。

 

つまりこれからはBitstampは、外国為替取引、FXの取引マーケットとしても理解されるようになるから、必然的に今まで仮想通貨に目を向けていなかった人々の興味を引く事になるだろう。

 

こうした取り組みが行われる事で、ますます仮想通貨に対する敷居が下がっていくだろう事が予想できる。

関連記事

  1. イギリス政府、仮想通貨支援・規制の機関設立

  2. 欧州銀行監督機構(EBA)、フィンテック規制のロードマップを来週発表

  3. BitMEXによる、テザーの最新調査

  4. RippleゲートウェイのMr.Ripple、手数料を改定

  5. 京大教授の暗号通貨に関する講演

  6. GMOコイン、いよいよ取引所サービス開始

PAGE TOP

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ