ニュース

昨日(9/13)のニュースまとめ

昨日のニュース一言まとめ

  • Binance、有価証券トークン取引所開設へ動く
  • OKEx創設者の詐欺報道、公式報道部完全否定
  • メキシコ、暗号通貨取引所と取引する銀行、許可制へ
  • OKCoin アメリカ20州へ事業展開

昨日の更新記事

世界的大手暗号通貨取引所、Huobiは日本国内の登録済み交換業者であるBit Trade(ビットトレード)を買収したことを発表した。買収額については明らかになっていない。この買収ではBit Tradeの株式100%をHuobiが取得し、Huobiの代表を務めている陳海騰氏が代表取締役会長に就任、と実質的な経営権を獲得するものとなっている。このHuobiの参入により、日本取引所間の競争が激化し健全化へ進むのではないかと期待される一方、この発表による市場への影響はさほど大きくないとみられている。

2018年4月10日に第1回が開催されてから定期的に開かれているこの「仮想通貨交換業等に関する研究会」も今回で第5回目となる。この会合は暗号通貨に関連する法的観点、金融的観点から見て、様々な有識者が意見を交わしあうものとなっている。今回の会合では注目されている日本仮想通貨交換業協会による自主規制についてや金融庁への企業申請状況、今現在の規制状況についての議論が行われた。

以前からリリースが待たれていたSBI送金アプリ、マネータップ(MoneyTap)の公式発表が行われた。このアプリに関しては2018年3月に商品化の発表がされており、SBIHDだけでなく日本の銀行61行が参加することから、従来の送金という概念を大きく変え利便性向上が期待されることから多くの注目を集めていた。今回の発表では予定されていた通り住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行が先行商用化を行う。傘下銀行は以下の通りだ。


関連記事

  1. ハリウッド、暗号通貨をテーマに映画作成

  2. 韓国政府は取引所に罰金、個人情報保護違反か

  3. インド取引所、規制に対抗してP2P取引サービス

  4. 【楽天参入】全みなし業者へ大手企業の資本

  5. 米下院、仮想通貨とICOに関する公聴会を開催へ

  6. BTC、より魅力的に、取引手数料が低下傾向

PAGE TOP

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現