ニュース

Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様

裁判所によって指定された、Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様。

ビットコイン取引所のKrakenも管財人として調査に協力している。

2014年に発生したMt.GOX破綻事件。これによって当時数百万ドル規模のビットコインが失われたとされている。

行方不明のビットコインを捜索すべく管財人たちが調査を行っていた。

 

Mt.GOXは「ビットコインはハッキングに遭って喪失した」としていたが、その結果がもうすぐはっきりすることになりそうだ。

ユーザーはMt. GoxのWebサイト上で消失したコインが返ってくるか否かを確認することができるようになる見通しだ。

 

裁判所が介入した調査ということなので、どこまでクリアになっていくのかが注目される。

関連記事

  1. 2つの米ブロックチェーンETF、上場来2週間で3億ドル近く資金集める

  2. ビットコインの拡張性について

  3. ビットコイン価格急落、300ドルを試す展開か

  4. レイブロックスがナノに改名

  5. ホワイトハウス、仮想通貨市場を監視

  6. 仮想通貨ウォレットを狙った新たなマルウェアが発見される。

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ