ニュース

Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様

裁判所によって指定された、Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様。

ビットコイン取引所のKrakenも管財人として調査に協力している。

2014年に発生したMt.GOX破綻事件。これによって当時数百万ドル規模のビットコインが失われたとされている。

行方不明のビットコインを捜索すべく管財人たちが調査を行っていた。

 

Mt.GOXは「ビットコインはハッキングに遭って喪失した」としていたが、その結果がもうすぐはっきりすることになりそうだ。

ユーザーはMt. GoxのWebサイト上で消失したコインが返ってくるか否かを確認することができるようになる見通しだ。

 

裁判所が介入した調査ということなので、どこまでクリアになっていくのかが注目される。

関連記事

  1. 欧州銀行監督機構(EBA)、フィンテック規制のロードマップを来週発表

  2. Twitter、問題視されていた詐欺撲滅に動き出す

  3. ウイルス対策ソフトを強制終了させるマルウェア

  4. ドイツICOで54億円調達後CEOが失踪

  5. ドイツ取引所グループがR3のブロックチェーン技術導入

  6. 待望のセグウィット実装

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入