ニュース

Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様

裁判所によって指定された、Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様。

ビットコイン取引所のKrakenも管財人として調査に協力している。

2014年に発生したMt.GOX破綻事件。これによって当時数百万ドル規模のビットコインが失われたとされている。

行方不明のビットコインを捜索すべく管財人たちが調査を行っていた。

 

Mt.GOXは「ビットコインはハッキングに遭って喪失した」としていたが、その結果がもうすぐはっきりすることになりそうだ。

ユーザーはMt. GoxのWebサイト上で消失したコインが返ってくるか否かを確認することができるようになる見通しだ。

 

裁判所が介入した調査ということなので、どこまでクリアになっていくのかが注目される。

関連記事

  1. マウントゴックスウォレットから180億円もの資産移動

  2. Zaifの余波続く

  3. シンガポールのヘッジファンド、アビトラで運用

  4. ウクライナ、取引所の代表が誘拐疑惑

  5. R3のブロックチェーン上で証券取引が成功

  6. 暗号通貨への関心高くとも、技術に関しては関心低く

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの

ニュース

ジョン・マカフィー氏、2日間意識不明

ニュース

仙台でNEMのミートアップ

ニュース

幻冬舎、暗号通貨関連のWebサイト開設

ニュース

マウントゴックス、民事再生決定

ニュース

登録済み取引所への行政処分

ニュース

DMM.BitcoinでBTC・ETHの出金手数料無料