ニュース

Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様

裁判所によって指定された、Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様。

ビットコイン取引所のKrakenも管財人として調査に協力している。

2014年に発生したMt.GOX破綻事件。これによって当時数百万ドル規模のビットコインが失われたとされている。

行方不明のビットコインを捜索すべく管財人たちが調査を行っていた。

 

Mt.GOXは「ビットコインはハッキングに遭って喪失した」としていたが、その結果がもうすぐはっきりすることになりそうだ。

ユーザーはMt. GoxのWebサイト上で消失したコインが返ってくるか否かを確認することができるようになる見通しだ。

 

裁判所が介入した調査ということなので、どこまでクリアになっていくのかが注目される。

関連記事

  1. テクノロジー大国、ブロックチェーン規制作りに動き出す

  2. ライトニングネットワークでAmazonギフトカード購入可能

  3. GMO給与をビットコインで受け取り可能

  4. 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が仮想通貨業界に本格参入…

  5. 口座開設、郵便手続き不要に

  6. 「イーサリアムの影響力は絶大」

PAGE TOP

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ