ニュース

Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様

裁判所によって指定された、Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様。

ビットコイン取引所のKrakenも管財人として調査に協力している。

2014年に発生したMt.GOX破綻事件。これによって当時数百万ドル規模のビットコインが失われたとされている。

行方不明のビットコインを捜索すべく管財人たちが調査を行っていた。

 

Mt.GOXは「ビットコインはハッキングに遭って喪失した」としていたが、その結果がもうすぐはっきりすることになりそうだ。

ユーザーはMt. GoxのWebサイト上で消失したコインが返ってくるか否かを確認することができるようになる見通しだ。

 

裁判所が介入した調査ということなので、どこまでクリアになっていくのかが注目される。

関連記事

  1. コインチェック、ハッキング被害は「わずか5分」か

  2. タイ財務省、暗号資産に関する課税枠組みを発表

  3. 昨日(3/5)のニュースまとめ

  4. ビットフライヤーは資金洗浄の温床

  5. 51%攻撃ってそんなに深刻なの?

  6. バイナンス、不正取引は無効に

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]