ニュース

昨日(9/12)のニュースまとめ

 


昨日の更新記事

アジアでブロックチェーンの労働市場・求人市場が成長していることを人材紹介会社、Robert Waltersが明らかにした。近年注目が集まっているブロックチェーン技術はその技術者が不足していることから、人材獲得競争が起きているため、暗号通貨取引所やブロックチェーン企業が多く存在する東南アジアではこの競争が激しく、2017年以来求人が50%増加という求人市場の成長が起きたのではないかと考えられる。特に今回の求人募集ではブロックチェーン関連企業で多くされているプログラミング言語Python(パイソン)を扱える技術者の需要が高いとされている。

ビットコインコア(BitcoinCore)のアップデート、Bitcoin Core0.17.0が9月8日に予定されていた。前回は2月26日に行われているのでおよそ半年の期間を経てのアップデートとなる。このアップデートはビットコインの創始者であり謎に包まれているサトシ・ナカモトが直接行うものではないが、同氏の設計書をもとにした開発者たちが行うとなる。ビットコインコア開発者のみが開発を行えるものとなっているが、ビットコインをどのように改善していくかという「Bitcoin Improvement Proposals(BIP)」は誰でも提出でき、それが賛同されれば実際に採用されるようになっている。アップデートの内容は以下の通りで安全性を確保・向上させつつ、今までの問題を改善させるものとなっている。

世界各国の様々な企業と提携しているRipple社だが、今回新たにブラジルの決済サービスを提供しているBeeTechとの提携が発表された。最近ではRipple社のサービスを利用するといった契約を結んでいるのは100社にも上ることを明らかにし、送金企業だけでなく世界各国とも契約を結んでいる同社は大変注目を集めており、スタートアップ企業50選でも7位にランクインするほどになっている。TransferGOという国際送金企業がRipple社の技術を欧州とインド間の送金で活用している。


関連記事

  1. NECとシスコ、サイバー対策協業[ブロックチェーン]

  2. リップルが招待する「特別な夜」

  3. ブロックチェーン技術、食品にも適用へ

  4. GMOコイン、いよいよ取引所サービス開始

  5. 中国の暗号通貨詐欺、47,000人被害か?

  6. 国内初の暗号通貨窓口実店舗、オープン

PAGE TOP

ニュース

PAMM/MAMは誰が運用しているのか[コインの森管理人]

ニュース

NECとシスコ、サイバー対策協業[ブロックチェーン]

ニュース

取引所bitbank, eKYC導入予定[Deep Percept開発]

ニュース

アンダーソン・毛利・友常法律事務所、政府令案解説

ニュース

昨日(2/20)のニュースまとめ

ニュース

ロシア、資金洗浄対策規制改定[暗号通貨関連取引]

ニュース

Arkcashの上場/サイトにアクセスできない[コインの森何でも相談室]

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]