ニュース

P2P取引業者が登録義務付け 市場への影響

P2P取引・暗号通貨の両替サービスを提供し、本人確認が必要ないプラットフォームとして世界的に有名なスイスの暗号通貨交換業者シェイプシフトのCEOは、ブログで「本人確認を近日中に義務付ける」と発表した。


この本人確認の義務化を決定したのは法規制による同社に起こるリスク回避のための対策としつつ、顧客からアカウントに関連した機能を求める声が多かったことも、この決定を後押ししたとしている。これまで匿名でのプライバシーを保護したサービスを提供してきた企業として利用者を増やしていたため、この決定は暗号通貨市場に大きな影響を及ぼす可能性がある。

ただ、今回の本人確認の義務付けに関して同社のCEOは「登録を義務付けることは最悪のものであり、個人には金融プライバシーの権利があると考えている」とサービス提供を安全に続行するのにこの確認が必要であることを説明しながら、不服であることをあらわにしていた。

シェイプシフトでは法定通貨を介さない暗号通貨間でのP2P取引が特徴となっており、このサービスは会員登録や本人確認を必要としないため、本来の暗号通貨の目指していた取引環境として多くの支持を得ていた。

参考:https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-09-05/crypto-world-rocked-after-long-time-advocate-voorhees-backpedals


関連記事

  1. ついに保険業界も参入、大口投資家参入促せるか

  2. NEMが悪いわけではない ~コインチェック問題~

  3. 昨日(7/6)のニュースまとめ

  4. 仕込み買いする暗号通貨の選び方 Part2

  5. イーサリアム対応ASICへの対抗表明

  6. 香港証券先物委員会「仮想通貨マーケットの監視強化」

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す