ニュース

[韓国でも]暗号通貨の保険サービス計画

アメリカの暗号通貨管理機関Kingdom Trustと世界最大級のロイズ保険組合が暗号通貨盗難においての保険締結を行ったことが発表されたが、この流れを受けてか韓国大手の保険会社も暗号通貨取引所と保険契約を結ぶために交渉を進めるようだ。


韓国では暗号通貨取引所でのハッキング事件が相次いだことで、セキュリティに関しての問題が今後の暗号通貨産業を育てていくうえで重要な問題となっている。そこでセキュリティ性の向上といった技術での根本的解決が急がれるのと同時に、ハッキング被害に対する保険の需要も高まっている。

そこで同国内大手の保険会社ハンファは国内取引所向けのハッキング被害に対する保険サービスの提供を考え、取引所と契約を結ぶための交渉を行う計画のようだ。保険サービスはさまざまな種類があるが、セキュリティ性に不安がある取引所に対してサイバー攻撃・個人情報漏洩・ハッキング被害を対象とした保険サービスを提供することは難しいことから、保険契約を結べる取引所は一定の信頼を得ることが期待される。

韓国では暗号通貨・ブロックチェーン技術・AI技術といった分野での遅れを取り戻そうと国家規模で規制整備や人材育成、産業への投資を積極的に行っている。政府は「ブロックチェーン技術産業育成・発展戦略」を掲げており、今後10年間で1000億ウォンの予算を投じる計画がされており、人材育成プロジェクトでは教育費全額を国費で負担するなどの取り組みが行われている。また郵政事業本部は世界有数の投資銀行、ゴールドマンサックスに同分野での教えを請いたいと意向を伝えている。


関連記事

  1. キャッシュレス決済還元制度の全容[増税対策]

  2. リップルのテクノロジーが大手銀行に使用される

  3. ハッキングされたハードウォレットの脆弱性を指摘

  4. 昨日(8/30)のニュースまとめ

  5. 取引所、ブロックチェーン技術等に350億円もの投資

  6. フランスの暗号通貨規制状況

PAGE TOP

ニュース

ハワイ、銀行の暗号通貨カストディ業合法化へ[既存金融機関と暗号通貨関連事業]

ニュース

メルカリ、Origamiを孫会社化[スマホ決済、再編進む]

ニュース

麻生大臣、「信頼性」に関する慎重な検討が必要[CBDC]

ニュース

昨日(1/24)のニュースまとめ

ニュース

CROSS exchange運営会社へ警告[金融庁の警告と効力]

ニュース

金融庁、違法な金融業者に関する情報更新[登録業者か確認を]

ニュース

ルーマニア、暗号通貨税制改正

ニュース

デジタル化に合わせた法整備[政治家への個人献金も]