ニュース

イラン、マイニングを正式な産業として認可

現在、暗号通貨を利用した取引を全面的に禁止されているものの、政府主導の暗号通貨関連プロジェクトの原案がまとまったことで禁止令解禁が期待されているイランで、暗号通貨のマイニングを正式な産業として認められた


イラン中央銀行と提携している唯一の銀行経済分野専門の通信企業、IBENAによるとマイニングに関連する通信情報技術省、経済省、財務省、中央銀行といった全ての機関はこのマイニングを産業として認めることに同意し、正式な産業としての地位を得た。しかし、このマイニングのための法規制は整備されておらず、これに関する政策の宣言も行われていない

イランはアメリカの制裁回避しつつ、協力関係にある国との貿易・金融取引を行うのに暗号通貨は最適な手段だと認識しており、ベネズエラ同様独自の暗号通貨発行の準備を進めている。しかし、制裁が宣言されたことにより、同国内の国民は資産避難のため暗号通貨を利用しての資金移動を行っていたため現在の暗号通貨の禁止が行われたとされている。

暗号通貨への法規制の整備、マイニングを正式産業として扱うなど、独自通貨導入のための準備が着々と進められている。

参考:http://en.ibena.ir/news/90849/Iran-Government-Accepts-Cryptocurrency-Mining-as-Industry


関連記事

  1. ヒューレットパッカードエンタープライズがブロックチェーン製品販売へ

  2. 個人間取引に最適なブロックチェーン技術

  3. 「イーサリアムの影響力は絶大」

  4. インド、暗号通貨禁止か

  5. イスラエルで仮想通貨課税

  6. 仮想通貨建ての個人退職口座を騙る詐欺に注意

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す