ニュース

欧州 ICO規制への議論

非中央集権プロトコルの唯一の資金調達手段でありながら、スタートアップ企業の楽な資金調達法として、詐欺師の道具として利用されているICOへの規制が欧州で議論されている。


欧州議会ではICOを悪用した詐欺が横行していることから、適切な規制や監視体制が必要だという意見が多数を占めているため、欧州全体でICOへの規制が開始されるのではないかとされている。

ICOの詐欺に関してはアメリカとカナダの規制当局が協力して一掃プロジェクトを行ったり、アメリカSECでICOの注意喚起、中国ではICOのせん滅、など詐欺をせん滅させるために動いているが、適切な規制が設けられていない状態で詐欺を一掃するのは困難だろう。詐欺を一掃し、有望なコインの成長を促すにはICOを行う開発者・企業への審査、調達資金の規制など行うための制度を設けることが必要となるのではないだろうか。

ICOへの対応は各国で大きく異なる。中国のように全面禁止を設ける国やタイのように調達コイン・法定通貨に制限をかけICOを合法化する国、ICOも取引所同様認可制にするオーストラリアと対応は様々なものとなっている。


関連記事

  1. 昨日(6/29)のニュースまとめ

  2. 中国、ブロックチェーン会議を警察が閉鎖

  3. イラン取引禁止で約2700億円もの資金流出

  4. 中国人民銀行がICO禁止について検討へ

  5. 金融庁、暗号通貨を有価証券とすべきか議論

  6. IOTA、組織改編で問題解決へ

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化