ニュース

インド、暗号通貨友好国を調査 規制緩和か

暗号通貨に関して厳しい規制を課しているインドだが、同国証券取引委員会(SEC)は暗号通貨やICOの研究のため日本を含めた各国へ職員を派遣していたことが明らかとなった。


インドSECは日本・スイス・イギリスの三ヵ国の規制当局に職員を派遣し暗号通貨・ICOの取り扱いや規制方針についての調査を行った。

インドでは暗号通貨の規制に関しては意見が分かれている。中央銀行のように暗号通貨を全面禁止したいとする意見と、政府のように金融商品として扱い適切な規制を行っていくという意見、そして法律委員会では電子決済手段として扱うといった意見があり法規制は定まっていない。ただ、同国では現在、中央銀行によって全ての金融機関に対して暗号通貨の関与が禁じられている。またこの一方的な規制にかんして同国内の投資家の理解は得られておらず、禁止令に関しては裁判が行われている。

この調査を行った国がいずれも暗号通貨に友好的な国であることから、同国でも暗号通貨に対して友好的で適正な規制が行われるのではないかと予想されている。


関連記事

  1. LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動…

  2. 国内取引所Coincheck、Androidアプリをリリース

  3. 取引所SBI VC、ビットコインキャッシュ(BCH)の上場廃止

  4. 暗号通貨は金融安定の脅威となるか[インド中央銀行]

  5. 1週間(1/21~1/27)のニュースまとめ

  6. コインチェック再開期待高まるが…

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]