ニュース

インフレ率は8.5万% ベネズエラの通貨

ベネズエラ政府は同国内のハイパーインフレの状況から、国内銀行に対して法定通貨ではなく独自通貨である暗号羽化を利用するよう要求している。


ベネズエラでは現在人権問題・独裁政治などの問題から非難され、経済制裁を受けており、その影響で同国法定通貨の価値はなくなり、現金で物を購入することが難しくなっている状況で、同国の年間インフレ率は8.3万%ともはや経済が機能していない状況となっている。

そんな状況から政府は独自で開発した暗号通貨ペトロを利用することを考えており、給料のペトロ払いや暗号通貨専用の銀行設立、国家予算もペトロの導入を行っている。

だがそもそもこのペトロは石油の埋蔵量を裏付けとして発行されたものとされているだけで、本当にペトロの枚数分石油が存在しているのかが疑わしい点やペトロの発行システムが明らかにされていないという点から、このペトロの価値については懐疑的な意見が多く見られる。またそれは同国民も同じでペトロではなくビットコイン(Bitcoin/BTC)やその他に多くある世界で流通している暗号通貨を決済で利用しているようだ。

 


関連記事

  1. ライトコイン(LTC)とは

  2. XRPでらくらく決済

  3. 22ヵ国が参加、欧州ブロックチェーン協定

  4. 中国の家電メーカーが、家電でマイニングを可能にする特許を出願

  5. ビックカメラ、ハードウォレットの販売

  6. BTC3週間ぶり安値、韓国当局による最大取引所の強制捜査を嫌気

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場