ニュース

韓国政府、人材育成プロジェクト全額国費で負担

暗号通貨の法規制整備、ブロックチェーンの研究開発、投資、企業への援助と積極的に取り組みを進めている韓国だが、政府は新たに人材育成のためのプロジェクトを運営する。


本サイト、コインの森では以前にも「韓国、人材育成にも注力」で政府機関である、未来創造科学部が人材訓練プログラムにブロックチェーン技術も含めるといった内容の記事を掲載したが、今回はこのプロジェクトが本格的に動き始めたことについてのものとなる。

このプロジェクトは若者の失業率改善、会社が求める即戦力育成のためのものであると同時に、韓国政府が現在行っている「ブロックチェーン技術産業育成・発展戦略」の一環である。この政策では今後10年で約1000億ウォンの予算を投じるとしている。

今回のプロジェクトでは1日8時間の教育を6か月間という集中教育で行われる。政策の一環であるためこの教育費に関しては全額を国費で支援する。

取引所の事件や不明確な法規制で後れを取った韓国だが、方向を決めた後の法規制整備の速さ、人材育成の投資と徹底して行われていることから、遅れを取り戻し、ブロックチェーン技術における先進国となる可能性も十分にあるのではないだろうか。

参考:http://www.kinews.net/news/articleView.html?idxno=202506


関連記事

  1. 51%攻撃からの負の連鎖[ETC]

  2. 欧州中央銀行、業界規制を促す

  3. 分散型社会と規制

  4. コインチェック、金融庁から処分へ

  5. ドイツ取引所グループがR3のブロックチェーン技術導入

  6. 南アフリカでも作業部会設立[送金手段としての普及]

PAGE TOP

ニュース

Ripple社、オーストラリア国立大学へ1億円もの寄付

ニュース

Zaifに送金したが反映されないし返金もされない[なんでも相談室]

ニュース

0.1ETHの送金に2,100ETHもの手数料[コミュニティのためか資金洗浄のた…

ニュース

OKEx、XRPとBCH上場[NEO・QTUM・XUCは上場廃止]

ニュース

Euro Exim Bank、既にxRapidを利用した国際送金サービス提供

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!