ニュース

モナコインの盗難、補填は旧運営の自己資本

モナコインのウォレットサービス、Monappyで保管されていたサーバー上のモナコインが盗難された。これに対してMonappyは利用者に対して全額の保証を行うようだ。


今回の盗難は「高負荷をかけ、サーバーの応答に時間がかかった」ことで通常二重で利用できないはずのギフトコードを連続利用されて起きた。悪意ある第三者がMonappyの欠陥を利用し攻撃したことにっておきた事件だ。つまり今回の盗難はあくまでMonappy側に原因があり、モナコインそのものの脆弱性によるものではなかった

今回盗難では、ホットウォレットに保管していたモナコイン93028.7316MONAが流失した。この補償については旧運営側の自己資本で行うが、補償時期や方法については現在検討中である。

Monappyは7月31日に閉鎖予定だったが、株式会社IndieSquareへ譲渡契約が行われ、運営が続行された。今回の盗難事件について引継ぎを行っていた新運営はモニタリング体制の不備、確認の不備が原因だとしている。

ただ今回の事件で盗難にあったのはモナコインのみで個人情報の流失は行われていない。「Monappy流失事件」を利用した詐欺には注意が必要だ。


関連記事

  1. EU高官、仮想通貨マイニングを禁止する法的根拠なし

  2. GMOコインとdAppsゲーム「くりぷ豚」がコラボ!!限定キャラとアイ…

  3. 昨日(11/3)のニュースまとめ

  4. Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

  5. ドイツ取引所、BTCや大規模買収に慎重

  6. ビットコイン送金市場に入り込もうとする韓国の複合企業

PAGE TOP

ニュース

昨日(3/19)のニュースまとめ

ニュース

Bitmain、新たなマイニング機器[従来製品の3倍の性能]

ニュース

2gether、欧州で暗号資産決済サービス開始[VISAを通じての暗号資産決済]…

ニュース

みなし業者に登録期限設け審査の長期化防止[暗号資産関連法案]

ニュース

CoinMarketCapによる新たなランキング[暗号通貨業界の健全化]

ニュース

IBM,[Blockchain World Wire]発表[国際送金市場の競争激…

ニュース

昨日(3/18)のニュースまとめ

ニュース

Ethereum、[ProgPoW]に関する議論[ASIC耐性]