ニュース

香港、専門家確保のための新移民政策

香港政府は、分散型台帳技術(DLT)技術者などの高度な技術を持つ専門家を世界中から集めるために、移民政策を新しくし、政府の欲している人材に関しては優先的に許可する方針を明らかにした。


香港では暗号通貨やICOに関してはリスクが高いことから規制を設けてはいるものの、ブロックチェーン技術への投資や研究開発を進めている。

特に金融業の効率化のために書類のコスト削減、セキュリティ性向上のために金融管理局主導の元21行がブロックチェーン技術を活用した融資システムの発表が行われた。

香港は中国領土ではあるものの、中国本土の規制支配下にはないため暗号通貨取引所も存在している。これはアヘン戦争後、香港がイギリス植民地となり、返還後もイギリス文化が色濃く残っており、本土と比較して民主主義が強いため特別区という形で半独立体制となっているため。


関連記事

  1. 昨日(1/12)のニュースまとめ

  2. 米FRB金融政策報告書、仮想通貨の急伸はリスク選好のあらわれ

  3. 昨日(2/16)のニュースまとめ

  4. NY連銀総裁ダドリー氏「仮想通貨にのめりこむのは危険」

  5. 仮想通貨”保険”って?

  6. トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]