ニュース

香港、専門家確保のための新移民政策

香港政府は、分散型台帳技術(DLT)技術者などの高度な技術を持つ専門家を世界中から集めるために、移民政策を新しくし、政府の欲している人材に関しては優先的に許可する方針を明らかにした。


香港では暗号通貨やICOに関してはリスクが高いことから規制を設けてはいるものの、ブロックチェーン技術への投資や研究開発を進めている。

特に金融業の効率化のために書類のコスト削減、セキュリティ性向上のために金融管理局主導の元21行がブロックチェーン技術を活用した融資システムの発表が行われた。

香港は中国領土ではあるものの、中国本土の規制支配下にはないため暗号通貨取引所も存在している。これはアヘン戦争後、香港がイギリス植民地となり、返還後もイギリス文化が色濃く残っており、本土と比較して民主主義が強いため特別区という形で半独立体制となっているため。


関連記事

  1. xCurrentからxRapidへ[活用機会拡大へ/中国市場への影響]…

  2. XRP勢い止まらず

  3. 消費者機構、泉忠司・仮想通貨情報会社を提訴

  4. XRPをBinanceの基軸通貨に

  5. テックビューロのmijinとは

  6. 日本の規制状況

PAGE TOP

ニュース

VALU、トークン購入者保護へ

ニュース

イラン、違法マイニング取り締まり強化へ

ニュース

昨日(11/14)のニュースまとめ

ニュース

博報堂、新たなプラットフォーム[GiverCoin]を共同開発

ニュース

リミックスポイント、訴訟に関するお知らせ[BPJ台湾]

ニュース

Google、当座預金サービス提供へ[金融情報取得に動くGAFA]

ニュース

三井住友銀行、GMOの銀行Pay導入へ[キャッシュレス]

ニュース

Binance、世界180種の法定通貨に対応計画