ニュース

LINE、独自ブロックチェーン構築でサービス向上

大手インターネットサービス企業LINEは、独自にブロックチェーンネットワークを構築し、サービス提供者と利用者間の共創関係の構築を促す計画を発表した。LINEはブロックチェーン研究の子会社設立や暗号通貨取引所の運営など以前からブロックチェーン技術関連の投資を行っていた。


今回発表された構想は、LINE Token Economyと名付けられ、国内外を問わずに利用される。近年ではネットの普及から、コンテンツをだれでも生み出せるような環境となり、実際にコンテンツを生み出すクリエイターは増加傾向にある。しかし、このクリエイターに適切な奨励金や対価が還元する仕組みが整っていないという問題がある。そこでLINEはこのプラットフォームで貢献(コンテンツ制作など)に応じてトークンを与え、この問題を解決しようというのだ。それが、このLINE Token Economyとなる。

日本利用者向けトークンはLINK Point、海外利用者向けトークンはLINKとなっており、LINKのホワイトペーパーはすでに公開済み、またLINEが運営しているBITBOXでこのLINEは取り扱いが予定されている。


 

関連記事

  1. ウォレットで直接送金・交換可能に[ウォレット業者による取引サービス]

  2. ビットフライヤー上場銘柄、インサイダー事件

  3. テレグラムのICOは既に900億円調達済

  4. ICOの46.6%、成果を上げていない

  5. ついにビットコインATMを全米展開する企業が現れる

  6. 価格上昇傾向のNEM、Liquidでの取り扱い

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]