ニュース

LINE、独自ブロックチェーン構築でサービス向上

大手インターネットサービス企業LINEは、独自にブロックチェーンネットワークを構築し、サービス提供者と利用者間の共創関係の構築を促す計画を発表した。LINEはブロックチェーン研究の子会社設立や暗号通貨取引所の運営など以前からブロックチェーン技術関連の投資を行っていた。


今回発表された構想は、LINE Token Economyと名付けられ、国内外を問わずに利用される。近年ではネットの普及から、コンテンツをだれでも生み出せるような環境となり、実際にコンテンツを生み出すクリエイターは増加傾向にある。しかし、このクリエイターに適切な奨励金や対価が還元する仕組みが整っていないという問題がある。そこでLINEはこのプラットフォームで貢献(コンテンツ制作など)に応じてトークンを与え、この問題を解決しようというのだ。それが、このLINE Token Economyとなる。

日本利用者向けトークンはLINK Point、海外利用者向けトークンはLINKとなっており、LINKのホワイトペーパーはすでに公開済み、またLINEが運営しているBITBOXでこのLINEは取り扱いが予定されている。


 

関連記事

  1. ツイキャスで暗号通貨配布キャンペーン

  2. ICOの成功率は48%、2017年のICO状況とは!?

  3. ベネズエラ、独自通貨のプレセール開始

  4. 本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

  5. 投資会社ブラックロックは仮想通貨に肯定的

  6. ビットコイン取引所大手、相次いでNY州から転出

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘