ニュース

金融庁、暗号通貨業界の対応強化へ

金融庁は平成31年度機構・定員予算要求についての発表を行った。暗号通貨交換業者への対応強化を含めた検査・監督の質向上のため20人の増員のほか、金融行政の戦略立案・総合調整機能の強化、金融行政の企画能力の強化のため、合計34人の増員要求を行った。

 

金融庁は国内取引所で事件が相次いだことから、立ち入り検査を定期的に行い交換業者の体制改善を行っている。しかし、既存の業者検査だけでも手いっぱいの状況となっており、新規申請者の審査は停止状況にある。今後も暗号通貨業界への企業の参入は増加していくであろうことから、今回の増員要請を行った。

金融庁は今年2月に資金洗浄対策に関するガイドラインを新たに公表し、金融機関に対して今まで以上の厳格な対応を求めている。この発表と同じく公表された「新しい日本のための優先課題推進枠」要望一覧には、ブロックチェーン技術を活用した金融取引の研究開発などは書かれていたが、暗号通貨への課税についての記載がなかったことから、2019年度も改正はされないのではないかとされている。

 

関連記事

  1. 国内取引所 フィスコ仮想通貨取引所

  2. EU、暗号通貨への法規制整備進む[EUとイギリスの線引き]

  3. 時価総額上位の通貨の市況は?

  4. 金融庁、登録審査プロセス公表[登録には6か月程度]

  5. 仮想通貨の格付けへ

  6. 【株価操作疑惑??】SEC、仮想通貨関連会社3社株の株取引一時停止

PAGE TOP

ニュース

昨日(3/19)のニュースまとめ

ニュース

Bitmain、新たなマイニング機器[従来製品の3倍の性能]

ニュース

2gether、欧州で暗号資産決済サービス開始[VISAを通じての暗号資産決済]…

ニュース

みなし業者に登録期限設け審査の長期化防止[暗号資産関連法案]

ニュース

CoinMarketCapによる新たなランキング[暗号通貨業界の健全化]

ニュース

IBM,[Blockchain World Wire]発表[国際送金市場の競争激…

ニュース

昨日(3/18)のニュースまとめ

ニュース

Ethereum、[ProgPoW]に関する議論[ASIC耐性]