ニュース

日本の電力供給システム、分散型に進むか

関西電力、東京電力に続く形で九州電力はブロックチェーン技術を活用した電力取引プラットフォームを視野に入れる。九州電力はエネルギー関連のスタートアップ企業で、デジタルグリッドは電力取引プラットフォームの開発を進めているデジタルグリッドへ出資を行った。

 

多くの大手電力会社がこうして電力取引プラットフォームの研究開発を進めていることから、従来の大規模な電源から各家庭へと配分されるような電力供給システムから、各家庭で太陽光のようなもので発電したものを需要供給に合わせて取引する分散型のものに移行する日も遠くないのかもしれない。こうして分散型にすることで自然災害の多い日本では被害を抑え、復旧を早めることも期待される。

デジタルグリッドのプラットフォームでは発電事業者と需要者間で直接取引できるような仕組みを目指して開発が行われている。

 

関連記事

  1. 米NYCプラザホテル、ICOも検討

  2. Gincoさらなるセキュリティ強化

  3. AIzenコインとは?[質問コーナー]

  4. コインチェック問題から学ぶ ~安心できる取引所は無いのか~

  5. 確実に市場シェアを拡大[Ripple]

  6. 「BTCは金よりも有用性が高い」

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す