ニュース

ドコモ、ヤフー大手企業も続々QRコード決済へ

日本のキャッシュレスが進む中で、大手企業も続々とQRコード決済導入を本格的に開始した。ゆうちょや住信SBIネットといった銀行のほか、LINEやYahoo!といったIT企業、ピクシブやAnuPAYといったベンチャー企業、そのほか電子マネーでもQRコード決済サービスが展開されている。

 

スマホの普及率が非常に高い日本で、さまざまな企業がスマホを利用してのQRコード決済サービスを開始し始めたとなると、現金志向が強い日本のキャッシュレス化は想像しているよりも早く行われるのかもしれない。キャッシュレス化についてはフィンテック・ITでもベンチャー企業が早くに取り掛かり、スマホで簡単割り勘アプリや後払い決済サービスを始めた。それに続く形で、LINE,Yahoo!、楽天、NTTドコモといった大手企業がサービス展開を始めた。

また三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャル・グループといった大手金融機関でも、利便性を高めるためにいままでの異なる規格のQRコードを統一した銀行決済QRコードを提供する方針である。

政府は2027年までに現在20%にも満たないキャッシュレス決済を40%にまで引き上げることを目標にしている。キャッシュレス化にあわせて銀行などは維持コストがかかるATMの撤去を進めたり、飲食店でも「現金お断り」で営業を行っている。この大手企業・金融機関での取り組みが行われることで、2027年よりも早くに目標が達成されるかもしれない、と期待が高まる。

しかし、クレジットカード、電子マネー、スマホアプリ、デビットカード、そしてQRコードと様々な決済手段が存在し、これらの手段の中でも様々な企業がサービスを提供しているため、利用者からしてみればどれを利用すればいいのかわからない状況になってしまっている。またキャッシュレス決済を利用しようにも、店によってはその企業のサービスは導入していないといったこともあり、結局どこでも利用できる現金決済を選ぶという人も多い。様々なサービスが存在するからこそ、逆にキャッシュレス化を遅らせてしまう原因にもなっている。日本のキャッシュレス化には様々な企業の協力が必要となってくるのではないだろうか。

関連記事

  1. 中央集権的取引所への宣戦布告

  2. FATF審査前に、海外送金の監視強化へ

  3. 中国格付けで1位となったETHって?

  4. 社内専用暗号通貨サービス

  5. ブロックチェーンで脱税撲滅なるか

  6. マルタ政府がブロックチェーン技術を導入

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化