国内ニュース

マイニング商法に注意喚起[消費者庁]

消費者庁がインターネット上でのマイニング商法に、消費者の利益を不当に害する恐れがあるとして2018年8月28日に注意喚起を行った。何かの契約を行う前に、消費者庁か警察に相談することをお勧めする。

 

インターネット上には「誰でもできる」「簡単」「損はしません」といった甘い言葉で誘惑し、近年注目を集めている暗号通貨と関連付け巨額の投資を募る業者が数多く存在する。「簡単に大金が得られる」といった内容はすべて疑うことが必要だ。ウェブサイトでこうした宣伝・広告・動画をみると「体験談がある」といって信じる方も多いが、体験談などはいくらでも作ることができるため信用材料として扱うには危険すぎる。ICOに限らずマイニングでも詐欺は数多く行われているため、情報をうのみにせずに一度冷静になることが必要だ。

もし、参加したいけど不安だと思うようなプロジェクトがあれば、コインの森のなんでも相談室で対応していくので、気軽に相談していただきたい。コインの森でなくとも消費者庁でも、警察でも相談に応じてくれるため、自分が利用しやすい相手へ相談することをお勧めする。騙されてからでは資金が返ってくるかわからないので、まずは契約を結ぶ前に第3者機関へ相談し、冷静になってから行動を起こすべきだ。それぞれ機関の相談窓口は以下の通りだ。

  • 消費者ホットライン→ 188
  • 警察相談専用電話→ #9110

 

消費者庁の注意喚起(pdf)→http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/consumer_policy_information_180828_0001.pdf

 

関連記事

  1. xRapidの商業利用間もなくか[10月に控えるSWELL]

  2. クウェート初、RippleNet活用送金サービス

  3. クリミア半島で職員が不正マイニング

  4. JVCEA、金融庁へ認定申請

  5. 朗報続々、Rippleの快進撃

  6. 金融庁、登録審査プロセス公表[登録には6か月程度]

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ