ニュース

世界、証券のトークン化へ進む

シンガポールの中央銀行機能を担っているシンガポール金融管理局(MAS)がシンガポール証券取引所(SGX)と共同で、デジタル資産・証券での決済の効率化を目的としたブロックチェーン技術の導入計画を発表した。この計画にはナスダックやデロイトといった大手金融機関も参加する。

 

SGXとMASは金融機関と投資家が異なるブロックチェーンプラットフォームを利用しながら、デジタルトークン化された証券を取引できる分散型ネットワークの構築を目指している。トークン化し資金移動や取引を効率的に行いつつ、取引に不具合が起きるようなリスクを軽減し、透明性と安全性を向上させる狙いだ。

証券のトークン化については多くの証券会社でも検討されていることだ。最近では世界銀行がブロックチェーン技術を用いての債券発行計画を発表した。

 

関連記事

  1. 日本、キャッシュレス決済比率は約2割

  2. CFTC「インターネット規制のような無害な規制を」

  3. イタリアの経済・財務相が仮想通貨批判

  4. 暗号通貨決済を行う前に知っておきたいこと

  5. 昨日(3/8)のニュースまとめ

  6. BTC 決済手段になる可能性高い

PAGE TOP

ニュース

匿名通貨モネロ、新たなPoWアルゴリズムへ切り替え計画

ニュース

1週間(5/20~26)のニュースまとめ

ニュース

Facebook、2020年に電子決済システム開始計画

ニュース

昨日(5/25)のニュースまとめ

ニュース

与沢翼氏が約1.7億円分保有するWAVES、38%もの急騰[エアドロップの影響も…

ニュース

匿名通貨DASH、アップグレード[51%攻撃への耐性強化]

ニュース

内閣サイバーが注意喚起[MyEtherWalletを騙るフィッシングメール]

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]