ニュース

世界、証券のトークン化へ進む

シンガポールの中央銀行機能を担っているシンガポール金融管理局(MAS)がシンガポール証券取引所(SGX)と共同で、デジタル資産・証券での決済の効率化を目的としたブロックチェーン技術の導入計画を発表した。この計画にはナスダックやデロイトといった大手金融機関も参加する。

 

SGXとMASは金融機関と投資家が異なるブロックチェーンプラットフォームを利用しながら、デジタルトークン化された証券を取引できる分散型ネットワークの構築を目指している。トークン化し資金移動や取引を効率的に行いつつ、取引に不具合が起きるようなリスクを軽減し、透明性と安全性を向上させる狙いだ。

証券のトークン化については多くの証券会社でも検討されていることだ。最近では世界銀行がブロックチェーン技術を用いての債券発行計画を発表した。

 

関連記事

  1. 昨日(9/20)のニュースまとめ

  2. SBIホールディングス、仮想通貨コールドウォレット事業展開のCoolB…

  3. 著名投資家のエリック・ジャクソンが業界に言及

  4. 中国の証券監督当局、ブロックチェーンには集中管理型システムが必要と主張…

  5. シカゴに『ビットコインセンター』が設立される

  6. マネーロンダリングにビットコインを利用、国内で送検へ

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]