ニュース

取引所からコインではなく個人情報流失

ブラジルの暗号通貨取引所、ATLAS QUANTUM(アトラス・クアンタム)が2018年8月26日に顧客の個人情報が漏洩したことをFacebookで発表した。取引所にある資産に関しては何の問題もなく、盗難被害にもあっていないとしている。

今回の情報漏洩では同取引所利用者の氏名、電話番号、メールアドレス、口座の残高などの顧客データ26万1000件が漏洩したとされている。この漏洩が発覚してから取引所では対策を講じており、取引所の一部機能は一時的に停止されている。ただ顧客のパスワード・秘密鍵は安全であると強調している。

 

関連記事

  1. 法律上の名称「仮想通貨」から「暗号資産」へ

  2. 日立・東芝、指一本でのキャッシュレス決済サービスへ

  3. 国税庁、ネットでの個人収入把握へ[悪質な無申告社の特定]

  4. 伊藤穰一氏、ビットコインとブロックチェーンの現状を危惧

  5. 投資を安心して行うには[絶対に注意しておくこと]

  6. 脱炭素社会実現に向けたデジタルグリッドの動き[ブロックチェーン]

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

みずほ「個人向けデジタル社債」提供へ[ブロックチェーン]

ニュース

スウェーデン、CBDCに関する実証実験[キャッシュレス]