ニュース

GMOも⁈BCHのマイニング停止か⁈[CEO後日否定]

日本のインターネット関連事業・暗号通貨関連事業を手掛ける東証一部上場企業、GMOインターネット株式会社はビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)のマイニングを停止することを投資家に対し通知した。これは誤報であり、GMOのCEO熊谷氏が自身のツイッターで否定した。

GMOインターネットは2018年8月9日に開催された2018年12月期間中間決算の決算説明会の中でマイニング事業の収益性が落ちており、4~6月の営業損益では3.6億円の赤字となっていることを明らかにしていた。そのため熊谷代表は「マイニング事業については方針を展開する」と発言し、自社でマイニングを行ってのクラウドマイニングなどよりも、マイニング機器の販売を最優先にしていくとしていた。マイニング事業が赤字となっており、優先順位を下げると発言していたことから今回のマイニング停止の噂は真実味を帯びていた。しかし、実際はマイニングの停止はしていない。

マイニング業界では暗号通貨の価格変動の影響を大きく受けることから、安定した収益を上げることが難しくなっており、マイニング企業は撤退やサービスの停止などを行っている。

参考:https://www.ccn.com/japanese-bitcoin-mining-firm-gmo-stops-mining-bitcoin-cash/


関連記事

  1. マウントゴックスウォレットから180億円もの資産移動

  2. ブロックチェーン技術特化のコワーキングスペース[日本]

  3. 小切手もデジタル化[中国]

  4. 国税庁、確定申告促す環境整備

  5. EU高官、仮想通貨マイニングを禁止する法的根拠なし

  6. スペイン大手銀行がリップルを使ったモバイル決済アプリをリリース!

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化